カテゴリ

カテゴリ:料理

大福~~

カテゴリ:
ここのところの楽しみは、レシピを調べて作りたい~と妄想すること。
お菓子が多いですがね、相変わらず。

黒豆をたくさん煮たのがどうにも多すぎるので既に冷凍してありますが、それを使ったレシピを探していて、黒豆で豆大福、っていうのを見つけました。
16402745_10154842584216827_542925915950982308_o
初挑戦なので、見た目はいまひとつですが、あんこの出来がよかったこともあり、これが美味しかったのなんのって!しかもすごく簡単。

結婚していたときは、電子レンジがありませんでした。電子レンジの害悪、というのをあれこれ言われ、ふうんと思って、ないまま暮らしていました。まあ、なくてもなんとかなるんですけどね。害悪って言うのも一理ありはするし。ただ、タバコ吸いまくって電磁波に囲まれて仕事している人に言われても、説得力が低い。
にしても、なくても10数年やってこられました。

離婚して、自分の家を持って、そこにあったのがオーブンレンジ。電子レンジって便利だね~。今はほぼ毎日使っています。

ありがたいのが、電子レンジで簡単に!というレシピがあれこれ試せること。今回の大福もそうです。気軽にいつでも大福が作れる!

子どもたちも大喜びだったので、また作ろうっと。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村

芽キャベツ食べ放題

カテゴリ:
WP_20161109_12_56_29_Pro
野菜食べまくっていますが、今週の売り出しで芽キャベツ買ってきました。買った分1キロ調理中。

炒めてから茹でていくこの調理法知って以来芽キャベツいくらでも食べられる。

今日も芽キャベツ食べ放題。

英語ではBrussels sprout だそうですが、語源は、ブリュッセルで芽キャベツが人気となったからだそうで、原産地ではないらしい。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村

長男と作るお菓子

カテゴリ:
子どもたちの大好きな、甘くてバターたっぷりのオランダのお菓子があります。
Boterkoek、という、ものすごくどっしりした、ソフトクッキー。
クッキーっていう感じの食感でもありませんね、正直。

いつか一緒に作ろう!と言いながら、引っ越してからお菓子作り熱がすっかりなくなっていた私、ようやく、作ることにしました。
長男に、メインでやってもらうことにして。
BlogPaint
(狭くて見苦しいのでちょっと写真ぼかしてます) 
作り方、あまりに簡単なので、ここに書いておきます。
小麦粉:250g、砂糖:200g、バター:200g、卵:1個、塩少々
これだけ。

室温に戻して柔らかくなったバターをクリーム状に混ぜ、砂糖を加えて混ぜる。塩と卵を加えて更に混ぜる。粉を最後に加えて、良く混ぜる。
これだけ。

天板もしくはケーキ型などに延ばして広げ(厚さ1.5㎝くらい)180度に熱したオーブンで30分焼く。

こんなの、すぐできちゃいます。
Boterkoekミックスってのも売ってましたが、自分で卵とバターを加えるだけ、ってことは、小麦粉と砂糖の混ぜたのに付加価値があるんだろうか?と思ったんで買いませんでした。

溶き卵を塗ったほうが、美味しそうにできあがります。

あー、バターと砂糖の組み合わせって!というお菓子です。重いです。お腹いっぱいになります。ねっとりしてます。

卵の量を増やせば、パウンドケーキの分量に。

ついでに、期限切れになって放置してあったココナツで、ココナツブレッドも焼いてみました。あー簡単にできるお菓子って楽しい。

次男も、ぼくも作りたい!とな。大歓迎です。 

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村

カテゴリ:
最後の夏日だ!ってんで、夕ご飯は夏らしくそうめんにしよう!と。
おかずをどうしよう、と思って、天ぷらにしようと思い立ち、珍しく揚げ物しました。

今週の野菜パックに、謎の「飛行物体」とも別名のつく野菜が入っていて、白くて平べったいかぼちゃとズッキーニの間みたいなpattisonというものですが、どうしようかなーと。
で、揚げてみました。

味が淡白で、ズッキーニっぽいけどもっと味がない。自分だったら買わないなぁ。

それといんげんを揚げて、たったの2種類です。
買い物に行かずに家にあるもので、なので、これだけ…
それでも揚げ物は大変よ。

天ぷら揚げた自分に満足!
ってわけで、はい、頑張りました。しかも平日に。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村

 

カテゴリ:
久しぶりに、ようやく、畑に行ってきました。
夫が管理してくれているおかげで 作物もぐんぐん育っていて、予想外にさつまいものつるが育っていたり、味が濃くて美味しいにんじんが巨大化したり、スナックきゅうりが普通のきゅうりほどに育っていたりしました。

パセリが山のようにあったのをとりあえず全部刈って、どんどん枝分かれして終わりなく育ち続けるニュージーランドほうれん草を大量に収穫し、そしてルッコラもわさわさになっていたのでたくさん取ってきました。

夕ご飯何にしようかな、と思ったところで頭の中に「ルッコラ餃子」というのが思いついていて、キャベツの代わりにルッコラ入れてみるか、と収穫しただけ山盛りのルッコラを簡易フードプロセッサーでみじん切りにしてたねを作りました。量がちょっと多すぎたようで、見た目緑色ばっかり。にんじんとネギも少し入れたけど、肉の色も見えないほど緑色。

大丈夫かな、と思いながら、一生懸命皮をこねて伸ばして包む作業をやって、ようやく焼くところまでこぎつけてへえへえ言っていたのですが、一口口に入れた長男が「ぼくあんまり餃子好きじゃない」と。あらー、と思っていたら、夫も「ルッコラきついな」と。次男は「ぼくこれおいしいよ」と食べてくれましたが、私の苦労の結晶(大げさ) は残念なことになってしまいました。
私だって、辛い豆鼓醤つけて食べてたんだし…でも明日のお弁当になります。お弁当に餃子だなんて、ぜいたくの極みだわ!と喜んでおきます。

餃子を作ると、皮を作って包むのが一苦労で、どうしても餃子しか作れません。なので、あまり食べられなかった長男と夫には申し訳ないことをしました。トウモロコシを味見しようと収穫してきたのがあって、でも味見だけだからと一本しかなかった。一人四分の一、じゃ腹の足しにもならなかった。

ルッコラは、ちょっと食べるなら美味しいけど、メインにしちゃいかん、と改めて学びました。ほうれん草と半々にしておけばよかった。反省。

同じく大量のパセリもどうしたもんだか、と思ってこんな風に無理やり何かに投入することも考えたけど、止めて正解のようです。ちょっとなら美味しいものも、嫌いになられてしまう可能性あり。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村

 

オランダ語で「カステラの作り方」作りました

カテゴリ:
先日の長男の誕生日のふるまいで、もうちまちま一つずつ作るのが面倒になってきているのと、年齢も年齢だし小細工はなぁ、と思っているのとで、カステラを焼いて、切り分けてお盆に載せて持たせました。

こういうのって食べてみたいと思う子と、興味がない子といるんじゃなかろうかと思っていたのですが、なんと、ずいぶんと好評だったようで、家に帰ってきた長男から「みんなに作り方教えてって言われたよ!」と。

翌日私が学校へ行ったら、クラスの子のお母さんからも「すごく美味しかったから作りたいって言ってたわ」と言われ、それなら、と図解入りで作ってみようと思い立ちました。

最初は、どっかから写真を引っ張ってくればいいか、と思っていたのですが、いやいや、現実味のあるものにしようと思って、自分で作りながら写真を撮り、まとめました。
Capture
レシピがほしいと言われて、紙に書いたり、オランダ語のレシピサイトになんとかかんとか書き込んだりしたこともありましたが、図解入りは初めて。せっかくなら、わかりやすいほうがいいだろうと、ついつい張り切ってしまいました。
Capture
できあがり写真だけはよそ様から頂戴してしまいましたが(というのも、一晩寝かすので、図解作成の段階ではまだ食べられる段階じゃないのです)、できたぞーという達成感と、家に漂うカステラの香り。カステラは去年の暮れくらいから時々作ってますが、こうやって紹介できるとますますうれしいです。


にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

にほんブログ村

カテゴリ:
畑で収穫できるものはまだほとんどないのですが、すぐ発芽してわわっと大きくなるルッコラと、自生している状態のハーブを少し収穫して今晩のサラダにしました。

以前に、庭にもう何年も生えているレモンバームをサラダに入れたら美味しかったので、今回はミントも入れてみました。

私自身、さわやかな香りのするミントがサラダに合うとは思っていなかったのですが、レモンバームがいけるならミントもいいだろうと入れてみたのです。

私には、ルッコラのちょっと苦みのある香ばしさと、時折香るミントのさわやかさの組み合わせは美味しいと思ったのですが、 長男の反応ときたら…

「わ、またイラクサみたいな草が入ってる」

でした。

レモンバームの入ったサラダを以前に食べていたので、問題ないのかと思っていたのですが、嫌だったようです。ちょっと毛が生えたようになっているので、見た目がイラクサに似ているうえに、その舌触りが微妙なのと、ミントに至っては際立つ香りがダメだったらしく…しまいには半泣きになっていたので、ハーブは除けてあげました。

自分自身が食べようと思いだしたのが最近なのだから、子どもがあんまり好きじゃないと言っても不思議はなし。今後は自分の分だけ小皿にハーブを盛って、サラダを分け終わったら混ぜて食べることにしよう… 

ミントの香りは、ハーブ農園の手伝いをしていたニュージーランド時代を思い出させてくれるので、私にとっては懐かしい香りです。夫もニュージーランド滞在中のことを考えていたようで、2人で懐かしい気持ちになりました。余談。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

にほんブログ村

カテゴリ:
そんなに好きでもないけれど、毎週野菜セットを買っていると、冬の間はかなり高確率で入ってくるのがビーツ。
3週間に一度くらい、しかも大きいのが4個くらい入ってくるので、来るたびにどうしようと思ったりしていました。
スープにすると甘すぎるし色が強烈。サラダにしても甘くて子どもたちに不評。
私が一人で食べるにはちょっと辛い量…

だったのですが、今回の野菜セットについてきた情報にあった「パセリと一緒にマヨネーズと和えたサラダ」が大当たり。今回、束でパセリも入っていて、こちらもへたれないうちに食べきるのはどうしたもんかな、と思っていたので、2つの食材をたくさん使うのにもぴったり。

ビーツは40-50分ゆでて皮をむき、さいの目に切ります。
パセリを軸ごとみじん切りにします。
ビーツとパセリ、マヨネーズ適量、塩コショウで味を調える。

これだけです。
ビーツってこんなに美味しかったの?
家族にも出しましたが、小さめビーツ6個あったうち、4個は確実に私が食べてしまいました。
マヨネーズの代わりに、ヨーグルトとゴマペースト、酢と塩コショウでも似た感じで美味しかったです。
ポイントは、クリーミーなソースで和えるところ。
それとも、今回のビーツの甘さが控えめだったのか?とにかく大匙でがつがつ食べてしまう美味しさでした。
更にうちにあったひまわりの種とエゴマを煎って和えたら香ばしさが加わって本当に美味しかった!

次はいつビーツが入ってくるか、それとも自分で買いに行っちゃうか…
どうにかして処理しようと、ブラウニーに混ぜ込んだりしたこともありましたが、そんな裏技はもういりません。今年は種も買って蒔いちゃおうか…

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村

収穫するところから始まる餃子

カテゴリ:
DSC00068
たまたま読んだ料理マンガと、友達に触発され、餃子を久しぶりに作りました。
いい加減な盛りつけです

材料は、肉はあるけどキャベツはない。
まだ野菜をなるべく買い足さずにやりくりをしようと思っていることもあり、使ったのは畑の野菜。

ってことで、朝学校へ子どもたちを送ったあと畑へ。
今年でお別れする方の畑にはまだ少し野菜が残っているので、それを使うつもりで。
もう行かなくても済むくらい、ほとんどあらかた食べられるものを収穫したところ、まだ大きな買い物袋がいっぱいになるくらいありました。ありがたい。

話は別ですが、新しい畑の小屋に道具を移していたら、いくつか道具がなくなっていました。
鍵をかけないのが悪かったのですが、やっぱり盗む人がいるんだ、と思ってがっかりしました。後で夫に話したら、間違いなく畑を持つ誰かだろうから、とそう思ったらもっと残念な気持ちになりました。

さて、具にする野菜の泥を落とし、よく洗って、というのも一仕事。泥だけでなく小さな生き物も間にちょこちょこいます。

具に使ったのは、エンダイブ、大根の葉、ニュージーランドほうれん草。苦みのない野菜ではありますが、キャベツとは違う味なのでどうかとちょっと心配でしたが、すごく美味しかった!
ねぎはうちで取れたのがひょろひょろ一本だけなので、これは買ったものを足しています。

皮ももちろん自分で。それもマンガに載っていたので触発されました。

作るのはとっても大変だったけど、小さめ60個、ほとんど夫と私で(子どもたちは合わせて11個)平らげました。美味しかった!

満足度は高いけど、作る作業が大変な餃子。今回一人でやったので、次回は手伝ってもらうべし。



読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村

忍者タートルズクッキー

カテゴリ:
次男のいる低年齢のグループでは来週から「食べる」をテーマに活動をしていくそうです。学校から来たお知らせの中に、「できるだけ家でも子どもたちに手伝いをしてもらったり、実際に作る体験をさせてみてください」とあり、「クッキー作りもいいですよ」とありました。

それで、先日のメロンパンで色付き生地に目覚めた私は、お、忍者タートルズを作ったら面白いかも!と。メロンパンを会社に持っていって同僚と喋っていた時に、「これ、カメにも似てるかもね」と言われたのもきっかけです。

こういう細かい造作は、親の自己満足的なものでもあるので、子どもたちはほぼ見物だけにさせておいて、せこせこやりながら、時折子どもたちを呼んで進捗を見てもらったりしながら、こんな風に焼き上がりました。

DSC04937


この他に余った緑生地は子どもたちにも簡単でわかりやすい、蛇を自分で作らせました。粘土っぽくて楽しかったようです。

一つ残念なのは、簡単にできるからとできた生地、確かに簡単だったし、このレシピを評価している人もかなりたくさんいるのですが、美味しくない!ダメじゃん、クッキーはやっぱりバターで作ろう。オランダの乳製品、じわじわ価格が上昇し続けていますが、それでもまだバター、そんなに高いわけじゃないし、うちにもあったしさー。
バターと卵の入った美味しい生地でクッキー作り、次回やり直します!色付きは面白いので、また何か工夫してみよう。


読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村

このページのトップヘ

見出し画像
×