カテゴリ

カテゴリ:自転車

カテゴリ:
なんでこんなに続くのか!
自転車のタイヤがなんか変だなあと思ったら、外タイヤの縁がちゃんとはまっていなかったらしく、変なふくらみを発見。それを気にして、会社に着いた時に、まず今回はちゃんとライト消して、っと確認したら、なんと、スポークが一本、外れている!!うわぁ・・・

ネットでささっと見ると、修理は難しくないと言いながら、タイヤを完全に外してから、という話なんで、結局私には手に負えない話。できるんならチューブ交換だってしてるやい。

とりあえず、ロードサービスに電話してみて、見に来てもらいました。
今できることは、っと、外れてぶらぶらしているスポークを断ち切って、おしまい。結局また自転車屋さんに行かなくっちゃ。

今日は自転車屋さんが閉まってるので、明日連絡するしかないわ。またかいな、ほんと。
自転車屋通いは続く・・・

今回の電動自転車、品質にいろいろ疑問点あり。全般には悪くないんですが、70点かなぁ。100点には遠いや。事故的なことに関しては、自転車の品質ってわけじゃなかろうけど・・・

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村


カテゴリ:
どうやらパンクが伝染中。
私のはその後2日間まだ大丈夫ですが、そういや夏休み中に向かいの同僚がレンタカーでパンク。
そして今日、斜め向かいの同僚が遅れてくるってんで聞いたら、昨日パンクしたらしい。

昨日タイヤのことに気をとられて、ランプつけっぱなしにしてしまった私、電池交換しないといけないようです。
朝出発時はまだ薄暗く、到着する頃には普通に明るくなっている今日この頃、帰り道はまだ十分明るいから助かったものの、家に着いて地下の物置に自転車しまうまで、ランプつきっぱなしなの気がつかなかった・・・

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村

カテゴリ:
自分でうまくパンク修理ができなかったことでもう結構残念な気持ちになっていたものの、無事修理してもらってほっとしていたのもつかの間、会社の帰りにどうもなんかタイヤ柔らかい感じするなぁ、変だなぁと思ってたら、学童保育に次男を迎えに行って家に帰ろうとしたときに既にタイヤがぺったんこ。

すごいがっかりして、イライラして、ただでさえ天気悪いし、急いでご飯食べさせて空手の練習に連れてかないといけない慌ててる時に!!と半泣き怒りモード。

空手の練習が終わって、子どもたちをTのところへ連れて行って、家に帰ったらびしょびしょでもうぐったり。まあいいわ、明日やろう、と朝からパンク修理スタート。
もしかしたら、数日前に刺さっているのに気が付いた棘みたいなのが抜けてなかったのか?タイヤの交換してもらわなかったけど、すり減ってたんだろうか、とかいろいろ考えてみたけれど、結局はまた新しい場所に穴がぷつんとあいていたのでした。

今回は失敗しないぞ、とパンク修理を始めて、大丈夫、と終わらせたものの、なんとなく不安で見に行ったら1時間後に既にぺったんこ。確認したら、穴のふさぎ方が悪かったようで思いっきり空気漏れ。

すっかり残り少なくなってしまったパッチの中から一番大きいのを選んで、今度はべったり貼り付けた。2度くらい空気が逃げようとするのを見たけれど、何とかべたりと押し殺し、細心の注意を払って確認、確認、また確認。1時間後に大丈夫だったので、そのあとまた半日後に確認、何とか大丈夫らしい、今度は!
週末挟んでしまうといろいろと厄介なので、どうやら大丈夫そうでほっとしています。

今までパンク修理でこんなに苦労したことないので、やーっと落ち着きました。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村

カテゴリ:
自転車の後輪の空気が抜けていたのに気づいたのが月曜日。急いでパンクチェックをするも、見つからず。
とりあえず空気入れて会社までたどりつけたので、バルブが緩んでたのかな、と期待しつつ翌朝、やっぱり空気が抜けている。

水曜日は朝からパンク修理。穴は見つかった。刺さっていた棘も見つかった。でも油断は禁物と、後で見てみたら、空気が少し抜けている、残念ながら。

再度やり直し、今度こそ、と思いながらチューブを戻し、タイヤを戻している時に、思いっきりプシューっと空気が抜けた、どうやらやっちまったようで。

タイヤを戻すヘラみたいなのはとがってもいないんだけど、間違ってチューブに大きな穴を開けちゃったんです。
なんとかそこもパンク修理しようと格闘するも、穴が大きすぎたようで、うまくその箇所にパッチを貼れても、空気が隙間を作って漏れてくる状態。3~4回繰り返すも結局同じ結果になったので、泣く泣く諦めて、自転車屋さんに持っていくことにしました。

幸いにも、その日のうちに直してくれるとのことで、朝自転車預けて、バスで出勤です。ちょっと不便だけど、しょうがない。同じ失敗に気をつけろと学んだし、勉強勉強・・・

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村

カテゴリ:
私の自転車がしばらく前から音を立てるようになっていて、おそらくチェーンが緩んでいるんだろうと思うのですが、走れるのでごまかしごまかし、夏休み突入したら自転車屋さんに持っていこうかなと考えていたのですが、走行距離を考えると少し不安で(5日間出勤すると1週間で175km、まだ2週間あるので350km!)、先週の金曜日に自転車屋さんに持ち込みました。

そこで言われたのが、土曜日中に直ってくれたら、と期待した私に反して、予約取ってください、と。
平日に自転車持って行って、たとえその日中に直るといっても、その日は自転車が使えない。困ったな、あと1週間ごまかすか?と店先で悩んでいたら、「代車ありますよ」とのこと。
電動じゃないときついと言ったら、電動の代車もあるとのこと。喜んでお借りしてきました。

そんなんで、金曜日から今日まで(日月はお店が休業)代車です。
とはいえ、週末は全く電動自転車は使わないので、家に帰るためのほんの少しと、昨日会社との往復に使ったのが初めて。

しかし、自分が保有したことのある2台とあまりに勝手が違うので、昨日は文字通り汗をだらだら流しながら格闘。

手始めは、会社に到着した時にまだ50%弱残っていたバッテリーが、退社時にスイッチ入れたら6%しか残っていなかったこと。そんなの誰が予想するかい!
会社から出てすぐに空っぽになってしまったので、9割方アシストなしで帰宅。

家に着いて、さあ充電しよう、と思ったら、差込口が全然わからない。
見つけるまでに10分以上探し回り、見つかったと思ったらわけのわからないことになり、更に汗が出る始末。
そして、充電器のランプが点灯しないのと、なぜかバッテリーが左右一つずつ、計2つついているので、両方充電しないといけない?
わけがわかりません。

夜中に目が覚めたときに、はっと思って自転車のところまで行って、充電状態を確認したら、充電できていない。だめもとで、もう一つのバッテリーに充電器をつなげるも、やはり充電器のランプが点灯しないので、こりゃもう腹括ってアシストなしか、ただでさえあんまり絶好調でもないのにな、とがっかり。

相変わらず眠りは浅いので目が覚めたりまた眠りに落ちたりを繰り返し、あんまり明るくない気持ちで朝を迎えました。しょうがない、今日は時間を多く見積もるしかないな、と。

充電器はやっぱり点灯していないのを確認し、だめもとでスイッチを入れてみたら、お!充電できているではないか!夜中に念のために行ったかいがあった!!

スピードは私の自転車ほど出ませんが、アシストあるのとないのじゃ大違い。今日は風がほぼ全くないのも助かりました。ふう。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村

カテゴリ:
朝、突然いつもの道が閉鎖してました。
何の予告もなく、フェンスが立ち、アスファルトが掘り返されていましたとさ。

予告とか、いつまで閉鎖とか、書いて欲しいものです。

というより、今まで通ってた道が、ちょっと一時しのぎっぽかったのも確か。
閉鎖が解除されたあとはどうなるのか、楽しみではあります。

閉鎖のために取った別ルートが、こちらも結構長いこと閉鎖されているヌーディストビーチ沿い。
新聞に、このビーチがもうすぐ開放されるとありましたが、そうなると、見たくなくてもヌーディストビーチ沿いを通らなくてはなりません。
以前は生垣があったのに、今は取っ払われて完全に丸見えになっています。

うーん、興味ないし、見たくないかな・・・

高速道路からも完全に丸見えです。余計な渋滞を引き起こしたりしなきゃいいですが。(チラ見渋滞とか?)

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村

カテゴリ:
去年は2度夏の間にあった、自転車道の工事と回り道。
今年も来ましたよ~やっぱり。
来るたびに「何がElectric Freewayじゃ」と思うわけですが、まあ道路が改善されるなら喜ばないといけませんがね。(知らぬ間に、特別プロジェクトElectricFreeway.nlのサイトがなくなってました)

今回のは、先週末に突然ボードが現れて、4週間閉鎖だと。
ネットで調べるも、どこにも情報なし。

閉鎖自体はしょうがないとは思っても、そういう知らせ方は本当に残念ですってば。

そんなわけで、4週間ちょっと余計に燃焼しつつ、違う風景を楽しむことにします。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村



カテゴリ:
私の気持ちもあんまり上向きにならないまま、とりあえず週末は半分子どもたちのために、半分自分の休憩のために、って感じで過ごしました。昨日はお天気がよかったんで、子どもたちには外行っておいで~と気持ちよく送り出すことができて、2時間くらい遊んで帰ってきました。そういうのができる年齢、環境にあるのは楽です。

自分の個人的なことでちょっとまだ低空飛行なところへやって来た手紙。
うちの近所の自転車道、既にだいぶ長いこと閉鎖しているんですが更に閉鎖して作業しますってさ。
ひどいのは、添付してあった地図が全然読めないところ。サイトにアクセスしても、自転車利用者はおそらくあまり重要視されていないようで何も見つからない。

なんだかまた疲れましたよ。
ただでさえ、私がいつも通るところが3年間閉鎖(3年ってひどすぎる)。ここは危ない箇所があると連絡したら、すぐに返事が来たものの改善される見通しなし。
しょうがないけど工事車両の通行量が増えて、自転車は更に隅に追いやられているし、回り道をすれば、そこでも作業車があったり、道路がぼこぼこだったり。

あまりにも工事の状況が激しいのです。
車利用者もかなりいろいろ制限を受けているようですが、これで本当に改善されるのならね。

人口が急増して更に開発の止まらないAlmere市。
高速道路の拡大および2020年に開催される花の博覧会Floriadeに向けての準備で、周辺はずっと工事しています。2020年には、すべて整って美しい状態で博覧会が開催されるのかしら。

私もちまちまぶつぶついいながらも、自転車通勤はまだ続けるつもりなので、しょうがない、ちょっとした苦行は続きます。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村

カテゴリ:
どうも新しい自転車は滑りやすい。タイヤのせいか。
家を出るときに、地下の収納庫から自転車を出してくるので、上に上がる階段があるのですが、そこが濡れていたり軽く凍っているとものすごく横滑りする。
古いほうのママチャリはタイヤも相当古いけど横滑りしません。

それと関係あるかどうか、今朝派手にすっ転びました。

日が昇る前、まだ暗くて、更に霧がかかると、周りが見えず、10メートル先も危ういとなると、正直怖いです。
距離感がぜんぜんわからない。
今シーズン既に何度か経験していますが、濃い霧は怖い。
それでも自転車で行くのかと言ったら行くんですけど。

昨日の天気予報で、朝は滑りやすいので注意、と聞いたのですが、それでも滑りやすいところはたいてい慎重に行くので大丈夫だろうと思っていました。

でも、路面が軽く凍結していて、緩やかに曲がる坂になっていて、しかも暗くて曲がる感じがわかりづらい、という場所で見事に横滑り。

たいてい、滑って自転車が倒れたとき、一瞬何が起こったのかわからなかったりします。
あれー、滑った。

自転車を立て直したら少しハンドルが曲がっていたので直し、頭が軽くぐらぐらするものの(頭は打っていません)、その後は慎重に走ってなんとか会社までたどりつきました。

着替えるときに、あーズボンが破けてる、ここにも泥がついてる、と。

滑ったのは怖かったです。
でも、とりあえず大丈夫です。
早く気温が上がって、明るくなってくれるのを待つだけです。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村

カテゴリ:
そんなになまっていたのか?自転車に乗ったせいだと思いますが、太もも筋肉痛。
こんな感覚自体久しぶりなので、あれーって感じです。

確実に日がのびていますね。帰宅時に真っ暗ではなくなった。やった!

この調子で普通にまた自転車の生活が始まりましたが、どうやら雪が降ることもありそうな今年の冬。公共交通機関通勤も一応視野に入れつつ。

だいぶ汗かいてます。
まだまだあったかいです。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村

 

このページのトップヘ

見出し画像
×