カテゴリ:
自立、と言ってもまだまだちょろっとしたものですが、長男が、自分の携帯電話を持って連絡を取れるようになったり、友達と外で約束してお小遣い持って遊びに行くようになったり、成長したなぁ、とうれしく思います。

その反面!
お金と電話に関してはまだまだ勉強がいる!
親の私もいきなり痛い洗礼を受けてます。

先週、天気がいいので長男は自分のお小遣いから10ユーロ持って、入場料が1ユーロの遊び場(7歳から14歳対象)に出かけました。おやつを買うかもしれないから、と、それはもちろんいいんですが、せいぜい使っても5ユーロくらいだろうと思っていたら、気が大きくなったのか、友達の分もおやつを買って、10ユーロをほぼ全部、使ってしまったというんです。
びっくりして、自分のお小遣いだからいいけれど、次はないよ!
本人もわかったのか、今日も同じ遊び場に出かけましたが、持参は2ユーロとうちにあったクッキー。

電話は、スマートフォンをTからプレゼントされてから、ほぼ遊びメインで使っているものの、電話ができなきゃ本末転倒。
知らぬ間に、プリペイドの残高が無くなっていて、こちらからはかけられるけれど向こうからはかけられない状態になっていたので、10ユーロチャージしました。
そしたら、2週間で10ユーロなくなった、というので、一体どういうことかとびっくり。
私自身が電話代を1年に数十ユーロしか必要としないのですが、いくら私と同じようにはできないにせよ、これは管理せねばまずい。
よくよく調べたら、SMSでチャットのように友達とやり取りをしているうちに、全部使ってしまったらしい。プロバイダーも、料金が高いので無駄が多く、変えなければ、とは思っていたんですが、SMSは一通につき、文字がたとえ1文字でも20セント。どうやら、Whatsappメッセンジャー感覚で使っていたようで。本人知らなかったんだから責めようもありませんが、自宅からWhatsappを使う分には、インターネット経由なので追加はかからない。でも、SMSは違うんだよ!
プロバイダーの乗り換えの手続きをしましたが、残念ながらまたしばらく電話はかけられない状態です。こっちからはかけられるけど。

倹約家の母と、あんまり気にしない父との間の息子です。家庭が2つに分かれた今、私の方針と考えを、あまりいいかげんになりすぎない程度にちゃんと守ってもらえればいいんですがね…

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村