カテゴリ:
朝から長男が超不機嫌。
朝の寝起きが悪く、機嫌の悪いことは時々あるものの、今日のはもうまったくわけわからん状態。

寝起きが学校行く日は悪いのに、行かない日はものすごく早起きしてゲームしているというのも解せない(次男はたいていゆっくり寝ています)。

弟に八つ当たりして、私を睨みつけはしないものの、怒った顔して真っ赤になって涙流して、でもなんで怒っているのかわからないという。

うちであれこれ言い合って、学校行くのはぎりぎりになり、それだけでもなんだかなーって感じなのに、学校へ着いたら、友達のお母さんから、長男が信号無視してバスにすれすれで通過したと聞き、びっくり。

とにかく、教室へ入れる状態ではなかったので、深呼吸させ、なだめること30分。なんとか落ち着きはしたものの、心配して仕事へ向かったわけですが…

昼に電話かけても出ないし、一体どうなってるんだ!と思って、少し心配しつつ学校へ迎えに行ったら、普通に友達と楽しそうにしているし、先生に聞いたら、特に何も変わった様子もなかったという…

なあんだ、気が抜けた。
学校が終わって、次男の友達がうちに遊びに来て、一緒に遊んで、穏やかに過ごしています。

自分の感情を外に出すことが苦手で、言葉でいろんなことを説明するのも苦手な長男。
私に対しては日本語なので、余計に言いにくいことも多いだろうと思います。
オランダ語でもいいから、言いたいことがあったら言ってね、と言っても、そうはなかなかできないであろう、複雑さ。
日本語のレベルが、彼の年齢相応になるのは難しいとはわかっています。
本人の中で、葛藤も、そりゃああるでしょう。

でも、長男も次男も、それでも日本語で一生懸命私と受け答えしようとしてくれている、それ自体が私はうれしいのです。レベルがどうなんて関係ない。
私は、子どもたちにとっては日本語を話す存在であり、子どもたちが無意識にそれを尊重してくれる、それでいい。

離婚する前の1年間に、散々ここでは苦しんだので、子どもたちと心おきなく日本語で会話できるありがたさをしみじみと感じています。 

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村