半年以上もほったらかしにされてたTaakieの車、なぜか急に今頃になって、”お父さんが手伝ってくれるからとりあえず動かす”という。

彼の車はクラシックカーの部類に入るんでしょうか、1974年もののオペル。色もグリーンで、ほとんど見かけない色。

”僕の車を何とかしなきゃ””NZに行く前には売らないとな”このセリフ、何度聞いたことか。私が前回オランダに来た昨年の9月から壊れっぱなし。なんでもっと早くどうにかしなかったのかと聞くと、”冬にやるのはよくないと思ってさ”って、壊れた時はまだ秋だったよ。”僕って奴は!!!”いつも、そのうちそのうち、といってずるずるしてしまう人です。

動かしてみたら結構調子いいってんで、うれしそうに車を磨き始めました。私はもうアルバイトに行く時間だったので、ちょっと手伝って、彼はまだ一人で続きをしてました。

うちに帰ってきたら彼はいなかった。うちには食べ飲み散らかしたあとが。車直ったとたんに出かけるくらいならなんで早くやんなかったのかしらねえ。ま、とりあえず散らかしたのは自分で片付けてもらうぞ!

(写真はもちろんTaakieの車ではありません、あしからず。たまにやってくる移動アイス売り。)