カテゴリ:
明日が我が家では大イベントなので、今日は寒いし子どもたちは家で喧嘩してなんだか変な空気が漂っていたりで、結局ほとんど家の中で過ごしました。
長男はリラックスさせるのが一番、なのに朝から次男と喧嘩して泣いて怒ったり。まあ本人が認めないにせよ、緊張して情緒不安定になりやすいのでもあったんでしょう。

レンタカーが必要なので午後次男を連れて出かけましたが、長男は結局一歩も外へ出ず。

ほぼ一日中、好きな日本のアニメを見て過ごさせてしまいました。
まあ、いつもじゃないし、今日は特別です。
私も準備が進まずなんだか落ち着かなかったりしますが、今日はもう早く寝て、明日に備えることにします。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村




 

カテゴリ:
長男の耳の手術が迫ってきて、落ち着かなくなってきました。
準備もまともにできてないといえばそうなんですが、ようやく今日になって手術の開始時間が連絡されたので、いよいよだな、という気分が高揚中。

朝7時に病院に到着していないといけないので、余裕を持って6時過ぎに出るか・・・

明日は国王の日で休みなのはありがたいのですが、普通のお店に行きづらい。
手術後に着るのに楽であろう、前開きまたは首周りがゆったりした服が家にほとんどないことに気づき、買い物のチャンスは手術当日の待ち時間のみ・・・
まあ、気づいたんだから、いいか。

仕事が忙しくないというか、やることが超単調なこともあって集中力が更に落ちています。いかん!

幸い、同じ執刀医で同じ手術の経験者のお母さんと偶然にもこのタイミングでやり取りをすることができ、少し安心感が増しているところです。

明日は天気がよければ出かけるかもしれないけれど、そうでもなければ家の周りでのんびりすることにします。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村

カテゴリ:
週末は2日とも出ずっぱりで忙しかったのですが、にしてもいろいろあって、でもまあなんとかなって、とどっと疲れました。ゆっくり休む週末とはほど遠かったです。

金曜日に手術が予定されており、そのあとはしばらくあまり子どもたちと活動したりできないので、活動的にすごしたことは、よかったと思います。

ちょっといろいろあったことを書きます・・・悪い話のようですが、最終的に丸く収まったのでよかった、でも疲れた・・・

① 長男が車にぶつかった
少し先に行っていた私からは、長男が脇道から自転車でやってくるのと、車がやってくるのとが見えていました。建物の角なので、止まらなければ見えなかった、かもしれないけれど、長男に「気をつけて!」と言ったのに止まらず。
幸い怪我もなく、自転車がぶつかって倒れたくらいで、運転手さんが自転車屋さんに一緒に行って念のため見てもらい、終了。
相手もよい人ですぐ対応してくれてよかったのですが、そういう瞬間にはぞっとするものです。その30分後、道を横断するときに再び左右確認をしなかった長男には叱りつけました。怖い、と思わなかったんだろうか・・・

② 次男が水に落ちた
屋外博物館へ出かけたのですが、そこにあった遊び場で、水の上に突き出した柱の上(飛び石のようなもの)を渡っていく遊び。何度かやって問題なかったので調子に乗ったのか、最後に私が目を離していたときに、水に落ちて腰から下が水浸しに。
着替えなんてもっていないし、タオルもない、この寒い中でこのままでいるのも無理。何か買うしかないのか、とがっくりしながら、とりあえず入り口の案内に行って聞いてみると、服を貸してくれるというので別の場所へ。そこでスタッフの衣装(働く人は古代や中世の格好をしています)を借りることができ、濡れたものは乾燥機に入れてくれました。素晴らしきサービス!
一枚布の大人サイズの被り物を着て肩を落としていた次男ですが、無事食事をして待っている間に服と靴が乾き、その後もう少し見て回ることができました。

③ 長男の自転車盗難未遂に遭う
自転車を駅前の駐輪場に置いていきました。可能な限り有人のところを利用していますが、休日の朝早くは利用できないので無人のところへ。9割方何も起こらないのですが、私の自転車が盗まれたことがあり、安全とは言いがたい。長男のワイヤーロックと、念のため私の自転車についているチェーンロックを2つの自転車にまたいでかけておきました。2つの自転車を同時に盗ることは困難だと予測してのことです。
戻ってきたら、長男が「自転車を誰かが盗もうとしていた」というので見ると、ワイヤーロックが切断されて地面に落ちていました。チェーンロックをしておいてよかった・・・
にしても、日中から堂々と盗もうとする人がうろついているということよ・・・

しばらく前から長男の自転車の後輪にも施錠できるようにセットを買っておいたのですが、まだ取り付けていませんでした。じゃあつけないとね、と始めたものの、いろいろな角度から試しても形がどうしても合わず、格闘の末お手上げ。自転車屋さんに持っていくしかありません。

土曜も日曜も全般的には楽しく過ごせて、寒いながらも充実はしていました。
駅からの帰り道、「土曜は一つ、日曜は二つ、あんまりよくないことがあったけど、みんな何とかなってよかった」と話していたら、次男が冗談で「じゃあ明日は三つ、その次は四つ」とかいうので、それは止めてくれ~と。

手術を控えてなんとなく落ち着かない今週ではありますが、あとは無事平穏にすべて済みますように。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村

カテゴリ:
読み返してみて、自分の言いたいことがよくわからなかったので再び。

そりゃ、親権の証明は必要です。
ポイントは、毎回最新の書類がいるのか?ということ。

最新の出生証明書だとか、最新の住民登録書、私は持っていったことがないのですが、必要なんだろうか。出生証明書なんて、後から変わることはありえないし。

親権が変更になることもあるからということか。

夏の渡航先、マルタの規定では、パスポートを発行する際に既に親権保持者の同意があるので、それで既に渡航に同意があるものとみなす、とな。

シェンゲン域内ではほとんど問題にはならないようですが、念には念を、ではありますね。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村

カテゴリ:
最近、SNS上の某グループに参加しまして、発言こそしないものの、流れてくる話を読んだりしているんですが、今日流れてきた話題で、私も???となったものがありました。私にも同じような状況が起こらないとも限らないので。

どちらも、母親と子どもたちが旅行に行くと言う話。EU内です。

1) 親権は母親にのみ。親権が一方のみの場合、父親からの渡航同意書は不要。
それでも、親権を確認する書類を市役所から取り寄せないといけないだろうか、という質問。

「念のため持っていったほうがいい」という意見多数。この書類、たいていどこでも10ユーロ以上しますので、正直言って、余計な出費、という気もします。
「車で旅行して、一度もチェックされたことはない」という意見も。

毎回旅行のたびに子どもの人数分この書類を取り寄せるのは正直負担。最新のものじゃないといけないのだろうか?最新でなくとも、一番最近更新された情報が載っている書類では??

いろいろな情報が流れ、ここでは「裁判所から無料で親権登録書をもらうことができるので、これでいいのでは?」という話に。

2) 他の欧州国籍の母親。明日旅行に出発するのに、父親が同意書にサインすることを拒否。
彼女の弁護士は、母親だということが証明できる書類と、父親がメールでは旅行に同意すると発言していたものを証拠に持っていけば大丈夫だろうと。

「たぶん大丈夫だから出発しちゃいなさいよ!」との意見がいくつか。

あれあれあれ、1)のケースのときに、書類を持っていけ、と発言していた人が、こっちにはいやにゆるい回答をしている。そりゃあ、きちんと証明できるに越したことはないが、そうなの?

もし万が一、2)のケースと同じことが起こった場合(もちろんそうならないことを願いますが)、EU内の旅行なら、Tが裁判のときに自分から言った「日本以外の旅行ならどこへ行っても構わない」という証拠の文書があるから、それを持っていけばなんとかなったりするんだろうか?

自分が同じ状況に置かれてしまったときには、ここで質問してみるか・・・
夏の旅行の許可をまだもらわないといけないという状況なので、いろいろ聞くと心配になったりしてもいます。でも、子どもたちのことを考えたら、EU内の旅行に許可を出さないっていうのは(日本行きも無論ですが)子どもたちをがっかりさせて悲しませるだけ。子どもたちのことをとにかく、一番に考えてくれたら、それでいいんです。


*追記*
ご存知の方も多いかとは思いますが、結婚していても、旅行・移動が片親のみの場合、もう一方の親からの同意書が必要ですよ!

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村

カテゴリ:
問題が解決されたわけではないのですが、今のところ穏やかでというか、なんとか平穏に過ぎているので、とりあえず来週控えている長男の手術まではこのまま、波風を立てず行きたいような、そんな気持ちでいます。

問題を放置しても仕方がない、とも言いませんが、一体どうするのがいいのか、よくわからないというのが本当かもしれません。

私が切羽詰っていれば、もっと動いてもいいのですが、そういうわけでもないのと、繊細な長男のことを考えても、面倒なことはしたくない、という気持ちもあり。

難しいといえば難しい。

相変わらず上機嫌だったりすることもなく低空飛行ですが、まあまあ、なんとか、と思っているうちに、もう4月も終わりそうですね・・・

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村

カテゴリ:
今週は短いです。
一日短いだけでもだいぶ違いますね。
昨日は早く寝て、今日は早く起きました。

仕事は十分にあるものの、地味な仕事で眠いです。

評価の面談があったので、正直に、仕事が単調なものが多いので、もうちょっと刺激があったほうがいいかもしれない、と上司に伝えました。
さて、何ができるかは、自分でも考えないといけませんが。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村

カテゴリ:
オランダの数少ない連休。
去年に続いて今年もイースターは子どもたちはTのところ。

基本的にこういう行事にあまり乗ってこない私には、正直何もしなくて楽だ(雰囲気くらいは作るのが本来は正しいのだろうか)、と思いつつも、ちょっとしんみりしてしまわなくもありません。

去年はまだ家がなくて友人のところにお世話になっていたので、家族のイースター食事会に便乗させてもらいました。
今年のイースター連休は寒い!
家の中で一人しんみり過ごすにも、もうちょっとあったかかったらよかったかなぁ。

ぼんやりしていても時間ばっかりはあっという間に過ぎて行きます。
明日も休みなのはうれしい、というわけで、急ではあるものの友人をうちに招いてみたら、来てくれるということになったので、静かなばっかりの連休でもなさそうです。

やることはちゃんとやらないとなぁと思いつつ、集中力が足りない私です。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村

 

カテゴリ:
自分のことで考えてばかりでもどうしようもないことでなんだか落ち込んでたりもした私ですが、大して心配する必要もなかったけど考えすぎて勝手に心配していたイベントを無事に終えて、その合間合間に元気付けられることがあったりして、少しずつ回復してきてはいます。

自分が考えすぎだということ、孤独感を感じさせるような思考回路に仕向けているのは自分自身だということ、なんかがわかってきただけでも、よかった。

話を聞いてくれる人たちはいるし、いつでも来てね!と言ってくれる人もいる。
ちょっとどうしたらいいんだろう、と言うようなことを聞いてみるのを怖がる?めんどくさがる?必要はない。

実際に会ったことがなくても親身になってくれる人たちもいる。

そんなこんなで、一人っきりじゃないんだな、と思えて少しだけ上向きになれてきた、長い週末前の金曜日です。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村

カテゴリ:
いろいろなことが重なっているせいもあるんでしょうが、いろんなことに自信をなくしてきました。
そんな自信はいつか取り戻せばいいんだろうけど、私、このままでちゃんとやっていけるんだろうか、と。

不安だらけです。

でも、私は健康だし、ちゃんと生きている。
それだけでも、きっと大丈夫だと、思ってやっていかないと。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村

カテゴリ:
めでたいニュース、だったんですが、その後すぱっと元気になったかというと、余計な心配ばかりして、あんまり元気でもない私です。

それでも、とっても天気の良くなった日曜は、出不精の私も子どもたちと自転車に乗って大きな公園まで行ってきました。楽しかった!
公園も結構な人出、いいお天気を楽しんでいる人たちでいっぱいでした。

私が家にこもりきりで、子どもたちに遊びに行っておいで!と外に送り出しているだけより、やっぱり気持ちが明るくなったし、楽しかった。子どもたちも、とっても楽しかったみたいでよかった。

次男が自転車に乗れる距離が伸びてきて、途中で止まらないでも済むようになったのも大きな進歩。
数ヶ月前までは、学校へ行くだけでも途中で背中が痛いと言っていたのに、今ではスピードも出るし、疲れたと言わない。子どもたちはどんどん大きくなっていきます。

考えすぎてもしょうがないんだけれど、最悪のことを考えてしまったり(私の本当に考えすぎで、そんなことは実際には起こらなかったのだけど)、自分で自分が嫌になるのがまだまだ続いています。

目の前の小さな幸せを大事にして行かなくっちゃ。
なかなかね、わかっていても難しい。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村

カテゴリ:
ようやく、判決が出ました。
日本にこれで年末、子どもたちと帰国することができます。

気の早い私は、チケットも即予約しちゃいました。
待っても値段が安くなるということはほとんどないので、この値段より高くならないうちに、と。

久しぶりに3人分のチケット代を見て、ひとり親になって家計が自分一人にかかるようになって、結構かつかつな状態な私には、こんなに高額だったのか、と思いもしましたが、それはオマケの話。

子どもたちも願っていた日本帰国。
両親は去年来てくれたけれど、妹一家にも子どもたちはしばらく会えていないし、従弟同士の交流もできていなかったので、本当にうれしい。

最悪の最悪、向こうが控訴してくる可能性がゼロではありませんが、控訴可能な期間は3か月以内ということで、そんな悠長なことは言っていられない、さすがに控訴してくるほど、向こうも馬鹿ではないと信じたいです。

ところで、荷物自動受け取りボックスの話のところで、最初から注文時に利用を指定することができない 、と書きましたが、できました!
提携している会社とではないといけないと思いますが、今回の注文では受取先に指定することができました! 時間を気にせず取りに行ける!

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村

カテゴリ:
どうも後ろ向きな話題ばかりですみません。

裁判の結果がまだ連絡されず、明日で裁判から5週間。
4週間以内に判決が出ます、と聞いていたのに、4週間ですら待ちくたびれているのに、そこからがまた長く、結果がどうであれ、もういい加減待ちくたびれ、先週の自己嫌悪なできごとのせいもあって、嫌になっています。

何もかも、やる気が出ない。
日々のことはかろうじてできていますが、それ以上は無理。

裁判なんて本当に嫌なものです。
弁護士に駆け込んだ時点で既に相当なストレス。
それから裁判に持って行くまでに結局3ヶ月以上かかり、その間にもストレス。しかも冬で外は真っ暗。
裁判所に行く直前はまた更なるストレス。
裁判の当日のストレスは、また別物。
終わってからのストレスも、じわじわくるストレス。

私のようにストレスに弱い人間は、真綿で首を絞められるような感じです。

判決は出ないし、また裁判所に出向かないといけない可能性もあったり、この先のことがもしかしたら悪くなるんじゃないかという嫌な予感があったり。

疲れました。疲れてます。
でも、生きていかないと。子どもたちのために。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村

荷物自動受取ボックス

カテゴリ:
仕事をしているので、受け取りを自宅以外に指定(近所のスーパーなど)できるときはしていますが、いつもできるとは限りません。

昨日届くのは知ってたけど、何もできない。近隣の人にも託されず、また来ますとありました。でもそうすると、来るかもしれない時間帯は動けないわけです。

で、郵便局受取にしようと思ったら、自動受取ボックス指定が可能!一度使ってみたかったこともあり、それにしてみました。
WP_20170405_11_57_51_Pro

荷物が入れられると、SMSが届きます。そこにあるコードを入力すると、自分の荷物が入っているところのドアが自動で開く仕組み。

便利!
最初から指定できたらもっと便利なのにな。
お店や郵便局のように開いている時間が限られないのはありがたい。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村

カテゴリ:
私はすぐに自分のことだけで手いっぱいになる。
周りが見えなくなる。
楽しいこともあるかもしれないけど、見えなくなる。
問題は、ひとつひとつ解決していくしかない。
もっと幅広く先を見つめられることができたら、私ももっと余裕ができるんだろうけどな。

余裕のない性格。
くよくよする性格。
そして、性格が悪いんだなぁと自分で気づくところ。

ありがたいのは、私を見守ってくれる人たちに恵まれているということ。
無理のない範囲で、ぼちぼち生きていくしかありません。
本当は、もっと他の人のことを気遣ったりできるようになりたい。
でもまずは自分に余裕がないと。

ここで生きていけるんだろうかって、不安になることが、また出てきたり。
でも、とりあえず新しい週になり、新しい展開があるかもしれない週になり、仕事が忙しくて没頭することで、少しすっきりしてきました。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村

このページのトップヘ

見出し画像
×