結婚式当日。緊張感のない私はTaakieが到着してもまだ準備ができていない状態でした。

それでもすべては順調にことが運び、つつがなく終了。黒いスーツがTaakieには暑くて辛かったみたいだけれど。

お昼にはもうハネムーンに向けて出発。目的地はかなり遠かったので、着くまでに夕方になってしまいました。しかしメルセデスベンツは快適すぎ。





この日やっと両親の荷物が手元に来ました。到着時に受け取れなくて3日たち、Taakieがまた電話をかけてくれ、その結果私たちは空港内に入ることを許されてかばんを探すことができました。

なかなか視界に入ってこないことにショックをかくせない母。でも最終的に空港の奥の保管所で父が発見。名前もタグもきちんとついているのになぜか記録に残っておらず、何度問い合わせても”ない、ない”と言われ続けていたかばんがそこにありました。

やっと落ち着いて、両親はゴッホ美術館へ、そして夜は彼のご両親のところに私ともどもお世話になりました。




VolendamとZaanse Schansに行きました。とてもオランダらしいところが見られるこの2つの場所に両親を連れて行きました。

Volendamでは前にも撮ったことがあるけど、やっぱり民族衣装写真。4人で撮ってきました。母は大喜び。私たちも前回とは違う衣装なので楽しめました。

Zaanse Schansではもちろん風車。”風車はどこで見られるの?”と聞き続けていた母も喜んでました。私たちも実は風車を近くで見るのは初めてだったのですが、Taakieはじっくりと動く風車の仕組みを見ていて、顔にすすつけているほど。



日中はちょこっとアムステルダム市内の観光をして、そのあと夜に双方両親初顔あわせがありました。

彼のお父さんが後に言ったことには”会う前は、違う世界から来る人のように思っていたし、どうなることかと思っていたけれど、会ってみたら驚くほどすんなりと通じ合えるものがあった”というくらい、うまく通じ合わない言葉の壁も越えて両親どうしの初対面はばっちりでした。

うちの両親こそうまく言葉が伝わらないことにもどかしさはあったであろうものの、緊張はしなかったとのこと。終始和やかでした。




パーティのあったKさんちで彼女が夕方出勤するまでだらだらし、日本ものが恋しくなっているらしいCちゃんと一緒にホテルオークラに行ってみました。言うまでもなく有名な高級日系ホテルでありまする。

日本書店があると聞いていたので行ってみてびっくり。日本の小さい一般書店並みの品揃えでした。やっぱりお値段がちょっと高めだけれど、こんなにあるとは思ってもいなかった…。なぜかわんさとハローキティものも売ってました。結婚式キティもあったけど、特別好きなわけでもないのにかなりのお値段だったので、やめました。

日本食料品店にも行きました。Cちゃんはうれしそうに納豆を買い、私は最近米に関して急に舌の肥えてきたTaakie(バイト先からたまにご飯をもらってくるので、それに慣れてきて、初めて米の味の違いに気づいたらしい)にも食べさせてあげようと日本タイプの米を買いました。

そしてバイト先にもちょろっと顔を出して、それからSchipholに向かいました。着いてみるとまだ両親の到着ゲートは示されてなくって、Taakieにとりあえずどこにいるか聞くと、駐車場から向かってくる途中だという。”マクドナルドの前に行くよ!”と彼。ふと見ると私の目の前にはバーガーキング。Schipholでマクドナルドを見た記憶がないので、一旦ぐるっとまわって、館内図も見たけどやっぱりない。もしやと思って戻ってみると、案の定彼はバーガーキングの前で待っていました。着いてから”しまった!マクドナルドはなかった!”と気づいて、私が一刻も早く館内にマクドナルドがないことに気づくよう祈っていたらしい…。

さて、初めての海外の父と、2度目の母を乗せた飛行機は遅れていました。ロンドンでの乗り継ぎを心配していたけど、しかも遅れてるとは。その上やーーーっと到着して姿を見つけてほっとしたのもつかの間、今度はなかなか出てこない。心配していたら、がーん、ロストバゲッジでした!とりあえず1個は出てきたのでよかったけど…

どきどきしていたTaakieと両親の初顔あわせはてんやわんやしつつもばっちり。彼と母はオランダ式ほっぺに3回チュまでしていましたわ。


ではこの辺の顛末はまたのちほど結婚式報告とともに改めてします。




今日は友だちのおうちでパーティ(Taakieのバチェラーパーティーに対抗して)、明日もそのままアムステルダムにいて、夜両親が空港に到着するのを出迎えに行きます。Taakieともそこで落ち合う予定です。いよいよ結婚式前のどたばたが始まるぞ!って感じです。

うちで出かける時間まで結婚報告カードの差出人名を手書きなぞしていたら、しばらくぶりにメールを書いた友達のCちゃんから電話が突然かかってきました。彼女とはネットサークルで1年ほど前に知り合って、当時は同じ千葉県内に住んでいたけれど、お互いに海外在住になってました。彼女が今オランダにいるということなので、よかったらパーティに一緒にどう?と誘い、突然ながら彼女も参加することに。

現地駅で待ち合わせをしたのだけど、彼女が乗ってくるはずの乗換駅でいやーなアナウンスが。乗ってくるはずの方面の電車が遅れているらしい…。案の定、電車を下りると、同じ時間で着く予定だったのにやっぱりいない…。電車は15分に1本。待つのも1本1本長いこと!結局1時間待って彼女はやってきました。乗り継ぎが多い場合の遅れは重ね重ねて1時間にもなってしまうとは!

主催してくれるKさんのところには電話してあったのだけど、忙しくキッチンで準備してくれていたとのことで、気がつかなかったみたいで、留守メッセージになってしまい、連絡も不十分に、お待たせしてました…

さすが!のすしメインのかなり満足なぜいたくなパーティでした。やー食べた食べた。即席マッサージ教室(?)なんかもあって楽しかったです。夜も3時半くらいまで起きていたかな?





実際今日が、準備に十分な時間をさける最終日でした。結婚報告カードを封筒に入れ終え、もう少し必要なものを買い足しに行きました。買おうと思えばいくらでも買える、っていう感じではあったのでなるべく無駄なものを買わないようにしたけれど、切手を大量に買ったので結構かかりました。

ライスシャワーの準備を全くしていなかったので、いろいろ調べていたら、ネットで見かけるものは本当の米じゃなくって米を包んだレースみたいなものばかり。確かにこれは片付けが楽だろうけど、なんとなく違う。先日結婚式を見かけたときは地面に米が散らばっていたので、たぶん米をばらばらとまいても問題ないんでしょうね。というわけで、包み紙と米を買ってきて、ゲストにまいてもらう米パックを作りました。

夕食後にTaakieのワイシャツにアイロンをかけてもらいに彼のお母さんのところに行ったのだけれど、親戚の住所を書いてもらうのでカードも持っていったら、Taakieってば一番重要なワイシャツをうちに忘れて出かけました。お母さんに”シャツはどこ?”って聞かれて初めてはっとするTaakie。何しに出かけたのよ!ってわけで車を飛ばして取りに行きました。

”結婚指輪は誰が持っていくの?Taakieじゃないほうがいいわね”とお母さん。”すいません!ちょっと取りに行ってきます!”ってわけにはいかないものね。

まだまだ準備は完璧じゃないけれど、なんとかなるのかな~。やっぱり心配です。




結婚式まであと1週間。なにかやっておくことはあったかな?と思いつつも何をするでもなく気がついたら夕方だった。

部屋の掃除して、カードを封筒に詰めるの半分、洗濯・・・・。大したことはしていないのに、はっとしたらもうTaakieの夕ごはんを作らなくちゃいけない時間!

バイトが今日行ってあとしばらく休みをもらうのだけれど、結構忙しかった。しかも帰りに乗った電車が、乗り継ぎのものが20分遅れ。うちに帰ってTaakieと話す時間もなかった。

さて、Taakieはたまに”スタンバイ”という仕事があって、うちにいても、真夜中でも、会社から電話がかかってきたら取って答えなければいけないものがあります。なんでも、彼の会社には24時間オペレーターがいて、何か問題があれば、この”スタンバイ”の人に電話をかけることになっているそうです。

夜中に電話が鳴ったのが聞こえたけれど、例によってうちのは5回で留守電になるので取れませんでした。でも2回かかってきたのだ。翌朝Taakieのその話をすると、”実はスタンバイだった”と打ち明けましたが、通常会社からは彼の携帯にかかってきます。着信履歴を見るとなんと7回!痺れを切らして自宅電話に2回、合計9回もかかってきてたのに答えなかったわけです。会社行ったらみんな怒ってるんじゃない?




下の弟の誕生日+父の日でした。こちらでは誕生日は当人がみんなを招くのだけど、父の日も重なってたから、ご両親のところへ集合かな、と思っていたら、弟の自宅へとのことでお祝いに行きました。

誕生日だっていうのに、お邪魔したら、洗濯物を干している最中。まあ、家族や友達が集まるのだから気にしないって話なんでしょう。しばらく飲んだりしゃべったりしてたけど、まあ、オランダ語なので私はちょっと何しゃべってるのか探りつつもほとんどやっぱりわかりませんでした。

一度うちへ帰って、今度はご両親のところへ。家族一同で、とプレゼントしたのは電動髭剃り器。今まで使ってたのはなんと20年以上も使っているものだそう。新しいものはワールドタイプで、いろんな電圧に対応可能。”日本にもこれを持って行けるね”とお父さんご満悦でした。

さて、ほほえましい話、子供たちが小さいころ、家にはフレッドというお化けが住んでいて、何かなくなったりして、みんなが”ぼく知らないよ!”と言ってのけた場合、みんなフレッドのしわざということにしていたそうな。座敷わらしみたいなものでしょうか。これは誰をも責めずにことを丸く収めるにはいい手かもしれない。彼のお母さんはそんなことが上手な人。私は”正直に言いなさい!”ってどなっちゃいそうだけど・・・




ボディペイント、筆付きで5.70ユーロ。タコ柄にひかれて思わず手に取りました。→

昨日はバイトからうちに帰らず、一緒にキッチンで働いているKさんのおうちに泊めてもらった。Taakieに辛く当たりがちな日が何日かあって、ちょこっと距離を置いてみようと思ったので。

午後までゆっくりいさせてもらって、TaakieとはAlmereの駅で待ち合わせ。なんだかデートみたい?30時間ぶりくらいにTaakieの姿を見て、どんなにうれしかったことか!たった30時間しか離れていなかったのに、遠距離恋愛してたころにスキポール空港で彼に久しぶりに再会した時と似た感覚を味わった。これ、大げさでない気持ち!

買ってあげたいものがあったので一緒に買い物をして、最後はアイスクリームパフェを食べに行きました。今までになく幸せを感じたひと時でした。

うちへ帰ってから、HEMAでボディペイントのキット(お風呂で子供が遊ぶ用)を買ったのでそれで遊んでしまいました。顔やら頭やら体中べっとりにしてしまったけど、水を加えれば泡になって石鹸と同じになるので、最後は流せばいいだけ。かなりおもしろかった!新婚旅行にも持って行きます!



オランダに来てからずーっと出不精です。時に運動したりもするけれど、買い物なぞほとんど行かない。もともと一人で買い物に行ったりするのは好きではなかったので、オランダに来たから余計に、というわけでもないのだけれど。

Almereの街にはたくさんお店があって、駅から続く商店街はいつも人がたくさん。私も前に彼を訪ねてきたときは暇つぶしに街をぶらぶらしたりはしていたけど、住み始めてからはほとんどそういうことがなかった。

今日は珍しくあちこち店を見て回った。買うものはたくさんあるわけでもないけど、入ったことのないお店に入って掘り出し物を見つけたり。

見つけて思わず買ってしまったくだらないもの、写真では見えにくいかもしれないけど、これ千葉唐辛子サテ。しばらくなんで千葉なんだろうと考えていた。千葉何とかというメーカーが出しているのか?で、ふっと気づいた、私の故郷千葉はピーナツの産地だ

でもねえ、ピーナツサテ(ピーナツソースの炒め物)って、ちっとも千葉スタイルじゃない(でもCHIBA-STYLEって書いてある)んだけどなあ。っていうか、誰も食べてないと思う・・・






私ってばオランダの天気みたいだ。ここ何日かは朝いい天気に見えて、後から曇って雨も降る、なんて天気が続いている。まるで私のようではないか!

今朝はだらだら歩いていて、行ったことのないほうへ行ってみたら、ハイウェイ沿いにもかかわらずえらく静かで、ここ同じ街か?というくらいでした。遠くの方に犬っぽいものがいると思ったらなんときつね!生まれて初めて野生のきつねを見ました。ウサギやシカは見たことあったけれど。

建設中の(誰も手をつけていない)お城のまわりへ行ってお堀のふちに座ってじーっとめだかのような魚を眺めてました。わけもわからず泣いてしまった。Taakieにつらく当たっている自分が嫌で?それとも日本に帰りたくて?

今こんな精神状態にあって、ちょっとしたことで彼にあたってしまうので、ちょっと距離が置ければ、と思っていた。そんな話をバイト先のKさんに話したら、一晩泊めてくれるというので、明日ご厄介になることにした。うちに帰ってTaakieに話したら、いいんじゃない?とのこと。私はちょっと頭を冷やした方がいいでしょう。





ブルーは突然やってくる。しかも、数分前にげらげら笑っていたりするのに、急にわあわあ泣く。

朝はまあよかった。久しぶりにジョギングに行って、歩いていると(歩くと走る半々なので)、すれ違うご婦人が手をたたきながら”さあがんばって!”というようなことを言ってくれた。そうよね、もうすぐ花嫁になるんだからがんばらにゃ!と思ってまた走りはじめた。すれ違う時にあいさつをすることは多いけど、こういう声かけはうれしかった。

今日は花屋が開いているうちにブーケのオーダーに行かなくてはいけなかったので、Taakieが半休で午後早く帰ってきた。彼が早く帰ってくるのはうれしい、でもなんとなく気に食わないことがあると感じる私。せっかくうちに帰ってきたのに出かけないで新聞を読み始める彼にいらだつ。

他にも私がどうして彼にいらだっていたのか書き出すとくだらないことばかりなので、書かないけれど、小さなことに過剰に反応してしまっている私がいる。彼を困らせている。

”まだNOって言えるよ”、このセリフもここ最近何度となく口にした。彼と結婚したくないわけではないのに、逃げ出したい。




長電話を2本。まず日本にいる親友Wちゃんに。久しぶりに話ができてとてもうれしかった。1時間ぐらいたいていでも話すけれど、気がついたら2時間近く話してて、でもなんやかんやと2時間半。Teledumpのおかげでそれでもトータルたったの7.5ユーロ。

日本からで今一番安いのは何でしょう?私が使っていたのはG-Callで、オランダまで1分29円でした。最近はIPフォンも出回ってきているからそっちの方が安いのかな?と思ってみたら、Yahoo!BBの電話は1分23円とのこと。まあ、ブロードバンド同士ならボイスチャットが一番お金かからなくっていいかな。

Wちゃんは私のために安く国際電話をかけられる方法を検討してくれるとのこと。なんていううれしいお言葉。でもまだまだ日本からは高い。ニュージーランドからでも一番安かったのは1分12NZセント、だいたいオランダからかけるのと同じくらいだった。

さて、そのあとまた近くに住んでいるMさんに電話をした。彼女と話すといつも用件以外のことで盛り上がってしまう。ついつい1時間くらいしゃべってしまって、Taakieが帰ってくるのが窓から見えたけど、それでもしゃべってて、うちに入ってきてもまだしゃべってた。

ごめんね~、と思いながらもちゃんと正直にトータル3時間半くらい電話したと告げたら驚いてた。でも彼の一番おしゃべりな友だちは男の人だけどたまに2時間しゃべってる。Taakieはほとんど相づち”うん、へえ、そうなんだ・・・”。

ま、たまの長電話は許してよね!

今日も祝日でお休みでした。うちは外出よりぐうたらが多いので、いい天気なのに半日以上うちにいました。昨日も夜にちょっとドライブに行っただけ・・・

さて、オランダ語を勉強していて、少しづつ慣れてきているのはいいけれど、だんだんしゃべることがいいかげんになってきています。というのは、オランダ語の単語が英語に混ざってちゃんぽんになってきているということ。

たいがいオランダ語で通す時はオランダ語のみなのだけれど、それが英語で会話している時に出る。ある単語だけぽろっとオランダ語になってしまう。たまに、オランダ語のほうが簡単な単語だったりすると、英語の単語がなかなか出てこなかったりする・・・

英語の理解力は落ちないけれど、会話がどうか?って感じです。一番基本的なところで言えば、最近NOよりも、オランダ語でNEEと答えてしまいがち。さて、今後とっさに出てくるのはどっちになるのか???

時間の言い方もまずい。”11時40分”って答えようとしたら、英語なら”Eleven forty(11、40)”か、”Twenty to twelve(あと20分で12時)”。オランダ語では”Tien over half twaalf(半分12時の10分過ぎ)”。混ざると、英語にない不可思議な表現、”Ten past half past eleven(11時半10分過ぎ)”なんて作ってしまう。

でもめげずに地道にオランダ語勉強します。英語も勉強しないとまずいってことか・・・?ちなみにTaakieも”駅、どくですか”など、変なことを言いつつ日本語がんばってます。





このページのトップヘ

見出し画像
×