昨日の夜よく眠れなくて、朝起きられず。Taakieはもしかしたらラットからのアレルギーかも、という咳、私はなぜか無性にふくらはぎが痒くてかきまくりで2人ともお互いが眠れてないのがわかるような状況でありました。目覚ましのスヌーズを繰り返して起きたのはいつもより1時間半も後。おまけにジョギングに行こうかと思ったら雨が降り出し、なんともスタートの悪い朝。

日中はまあ無事に過ぎたは過ぎたのですが、アルバイト2日目にて出かけようとしたときでした。捨てなくてはいけないガラスがあったので、駅の近くにガラス収集箱があるかと思いじかに手に持って出かけるとうちの扉を出て隣の家の扉の前でがしゃーーーん!ひびの入っていた金魚鉢の底が抜けました。金魚鉢の中にいくつか他の壊れガラスも入っていたのでそれも見事にみんな粉々。うちに戻ってほうきで集めてとりあえず袋に詰め込みました。

そして、期待していた駅前にガラス収集箱ははたして・・・・ない・・・・仕方ないので、置いてくわけにも行かないで持っていくことにしました。帰りに捨てるしかないかな。

プラットホームに上がると電車が来ていて、行き先は合っていたので飛び乗りました、が、その電車は私が乗るべき各駅停車ではなくて急行でした。乗り込んでからしまった!と気づいたが時既に遅し。電車は目的地方面とは違う方に進んで行きました・・・結局また同じ方向の電車で戻って、乗換えまでしなくてはいけませんでした。もちろんアルバイトには30分遅刻いたしました。とほほ。

今日は帰りまでついていなかった!オランダで電車が遅れるのはよくあることですが、夜もう11時を回っていての10分遅れはこたえました・・・完全には聞き取れないものの、電車の遅れを知らせるアナウンスが理解できるようになった自分がちと悲しく感じました・・・・




ジャッキー・チェン主演の”Shanhai Knights”という映画を見てきました。

前作は”Shanhai Noon”で、TVでやっていたので見たらおもしろかったところで、新作のCMも流れ出し、これは行かなきゃ!と言ってました。

Almereには映画館がありますが、ここでは上映されないとのことで、隣のLelystadというところまで行ってきました。

Lelystadは終点で、そこに向かう電車は30分に1本しかないらしい。駅は大きかったけど、日曜日の夜で街には何にもありませんでした。

さて、映画ですが、信じられないことが起こりました。新作の宣伝も終わって、映画が始まりました。するとスクリーンのど真ん中に広告が映し出されたのです!映画はもう始まってるのに??まあこれはどうやら係のミスだったみたいで、本編が始まる前にはなくなりました。ほっ。

そして話には聞いたことがあったけれど、初体験の映画の途中での休憩。映画が突然ぶちっと切れて明かりがつくんですよ。Almereの映画館には何度か行っているけれど、ここでは休憩時間はありません。その代わり、座ったまま飲み物や食べ物がオーダーできます。しかし、オランダ人は映画の途中で何か新たに飲み物や食べ物を追加しないといられないのだろうか・・・???

映画はとってもおもしろかったです。ジャッキーお得意の道具を使ったアクションがさえてました。昔私が香港映画にはまっていた頃、ジャッキーものは全く見てなかったのだけれど、見るようになってからは、やっぱ彼はすごいと思う。

おまけですが、映画を見る前に飲み物をとりに行ったカフェで日本語で憎悪と書いてあるタンクトップを着たお姉さんを発見。いくらなんでも憎悪っちゃないだろう・・・




今日はウェディングドレスの下見に行く予定でありました。式まであと1ヶ月半と少ししかないので、普通だったら遅すぎるんでしょうね。まだやらねばならないことは、結婚のお知らせカード(パーティーも何もやらないのでお知らせだけ)のデザインを決めてオーダーすること、当日の動きを決めること(動きが決まらないと何を手配するかも決まらない)。2人ともあせってないのがやばい・・・

予定でありましたが、行けませんでした。すべては”なんとかなるだろう”という適当な考えのせい。先日彼のお母さんがうちに来た時、”車使っていいわよ”と言っていたのだけれど、借りていいか確認するのがそろそろ出発できるかな?という頃合いのこと。電話をかけたTaakie、”・・・・でない”。

とりあえず彼は修理に出してあった自転車を取りにいくとのことで出かけて行き、街で弟と会い、すぐに戻ってくる予定が遅くなり、電話で”今日は無理そうだよ?”と。思わず”ちゃんと決めて動かないから結局行けないじゃないの~!”と大声で返してしまいました。彼のせいと言いたかったわけではないですが。

うちの休日は時間を決めて行動しない限り、いつも始動は午後からで、気がつくと”店が閉まる!早く買い物に!!!!”という時間になっています。私ももともとせっかちで時間はきっちりしていた方なのだけど、感化されてきたのかしら???それとも元からの素質が花開いたか?

結局買い物にだけ行き、彼の弟がうちを見にやってきました。家具を移動してから見てなかったのと、Phoebeにも会うために。私たちがNZに行ってしまったらPhoebeのことは彼に任せることになるので、相性はどうかな、と思ったらもうPhoebeはべったりで、ちょっと心配していたアレルギーもないようだし、一安心。

なんだか服の中にまでもぐっていたPhoebeだけれど、もしかしてやっぱり男の人の方がいいのかしら????





ひょうがふったよ!雪じゃないけど。

今日初めてアルバイトに行ってきました。出かける前まではたまにぱらっと雨が降る程度だったのに、電車で移動している間にどんどん雨になってきました。傘持っててよかったわあ。

アルバイト先の最寄り駅に着いたら、ぱあんっ!と爆発音のような音。何ごとかとあたりを見回すと、不幸にも駅に着いた瞬間にタイヤが思いっきりパンクしていた女性がいました。あんなに思いっきりはじけてパンクするのって初めて目の当たりにしました。

新しい職場に到着してしばらくするとすごい激しい音が。”ひょうがふってるよ!”外を見るとばらばら降ってました。ひええ

ひょうと言えば、2年くらい前かな、地元でみかん大のひょうが降ったことがありました。運悪く、たまたま外にいてスクーターに乗ってる時でした。近くに倉庫があったのに、そこにたどりつく間もなくどさどさ降ってきて、隠れる場もなくしゃがみこんでいたけれど、もう痛いのなんの。石思いっきりぶつけられてるようなものですよ。

その時実は面接に行く途中で、血みどろの手になってしまいつつもなんとか嵐のあとたどりついたのですよ。面接担当者は大濡れで血まで流している私に心配の一言もなし。採用にならなくてよかったわ。

あとで服を脱いで見ると、脚に数ヶ所直径3~5cmのあざが!マジで涙出ました。

そのひょうの被害で、近隣の梨農園で梨が全滅のところもあったほどでした。

ひょうは怖いです。



うちのラットPhoebeは日に日に動きも激しく、遊びたがりになってきます。最初の頃シャイだったのがうそのよう。

昼間は寝ているので、ちょっと起きてもあまり動かないのですが、夜、活動時間になって起き出すと、私が箱(彼女の家)に近づくたび、高いところによじ登ってこちらをうかがいに来ます。少しでも近づこうものなら服によじ登ろうとするほど。

カメラにもこーんなふうに興味しんしん。

私にはもうかなりべったりで、今まで室内散歩の際、隠れ場に入ったらつかまらないよう逃げ回っていたのが、今日は差し出した私の手にのぼってきたよ!

残念ながらTaakieはアレルギーがあるらしく(前はなかったのに)、腕にのぼらせたりできないので、私ひとり、肩の周りを走らせて喜んでおります。やあ、もうかわいいったらないわ!

さて、今日は大きな出来事がありました。オランダ滞在ちょうど3ヶ月にしてアルバイトが決まりました。学校がいずれ遠からず始まると思われるので、夜の仕事です。全然あやしくないですよ、でも。その話も今日面接してもう明日初出勤になるのでおいおい出てきます(予定)。

Taakieにもプライベートの時間が必要だよな、と思っていたところなので、週3回は彼が帰宅後PCゲームを長時間やろうが、弟や友達と飲みに行こうが、卓球しに行こうが好きにしてもらえます。私がしばっている気はしていたので、いいことです。





オランダの女王様の誕生日。祝日でうれしいな、ってだけではなく、全国各地で蚤の市が開かれるようです。

わが地元Almereも商店街はもうガラクタでいっぱい!一般商店はカフェなどをのぞいてみな閉まっているので店の前にずらっとみなさん占拠。

日本のバザーやフリーマーケットを想像しちゃいけません。ほんとにガラクタを売っている

使い古した食器やら靴やら服やらおもちゃやら、みんな”手垢ついてまーす♪”って感じ。

それでも押すな押すなの人ごみで、動けなくなることもしばしば。

私たちは一応ひやかしだけでなく、ラットのPhoebeの家を探すのが目的でした。おもちゃのお家みたいなのでいいかな、と思ったけれど、けっこうなくって、たくさんの子供たちがおもちゃを売ろうとしているのに、適当なものはありませんでした。結局普通の小動物用の家を見つけたのでそれを買いました。20セントなり。

途中から激しい雨になり、アーケードの屋根の下にいる人たち以外は品物ごとびしょぬれ。私たちももう外だったので、そそくさと退散しました。一応、目当てのものは見つかったし。

そのPhoebe、家はともかく遊びたくて遊びたくて仕方がない。今日はなんだか一人大運動会状態でした。





オランダの風をまさに体感してきました。

自転車で遠出する時は風のないあったかい日を選んでたのですが、今日は人と会う約束で、自分が自転車で1時間ほどのところを指定したので、風の有無は言ってられませんでした。

いつも向かいのスナックバーにある旗を見て風を判断しているのですが、朝見たら旗がしっかり全面見えるほどひるがえっていて、Taakieに”風がつよそうだよ~”と言うと、”こんなの普通だよ”と返されました。

もちろん彼の言ったことは真に受けなかったけれど、実際出かけたら、私の向かう方向に対して完全なる向かい風!風向を見る吹き流しのおしりの部分しか見えないではないか!ゆるい坂になってて普通だったらこがなくてもすいーと進むところが、こがないとほとんど進まない・・・

ありがたいことに、帰り道は風向きが全く変わっていなかったので完全なる追い風で帰ってこられました。往路よりも回り道をして帰ってきたのにずっと短く感じました。

あの風を本気で”ふつう”と言ったのであろうか?恐るべきオランダ人。そういえば真冬でも海辺を風に向かって歩いてる人がいっぱいいるとか。




先日Taakieにじゃんけんを教えてあげたら、同様のゲームは知っているそうだけれど、なかなか掛け声とか覚えられないらしく、その日は”あいこでしょ”を教えている途中に”もう今日は無理だよ~!”とギブアップしてました。

日本人同士だったら、じゃんけんのふりをすれば(手をグーにして振る)みんなじゃんけんだってわかるけれど、やっぱし彼には通じません。それでもって、なんでじゃんけんで勝ち負けを決めて、っていうのもわからないようです。

果たして、掛け声は・・・・? ほとんど覚えてませんでした。

しかも彼の出すパーは変。”そんなふうに出す人いないよ”と言ったら”僕が出すさ”って。どうやら石(グー)を包み込もうとしているようでして。

”なんて呼ぶんだっけ、これは・・・ がー?”とパーの手をして言ってます。手を開くそぶりをしながら”パー!”と教えつつ、手をぱっと開くからパーなんだということを示そうと思ったけど、よく考えたら、”ぱっ!”なんて擬音使ってないかもなあ・・・

グーチョキパーを思いだそうとしている彼、”ふんちゅんが!”なんて言ってたので、意地悪をして、”そうそう、ふんちゅんが、ね”といんちきなことを言って彼に”もういいよ!”とそっぽを向かれてしまいました。

じゃんけんでどっちがコーヒーをいれるか決めようとして、私が負けたのに、からかってるだけでいれたのは結局彼、ごめんね~




まるで新米パパママのようになってしまっている私たち、昨日うちにやってきたラットのPhoebe(フィービー)に夢中です。

まだ慣れないので、私たちがじっと見ていると動かずにじっとしていて、観察している方にとってはいつ動くんだい、って我慢比べみたいになってしまっています。

Taakieが以前にラットを飼ったことがあって、その時に使っていたという大きな箱を使っています。一般的には金網かご、なんだろうけど、うちのは大きなふたなしの木箱。逃げないのかしら、と思ったけど、大丈夫なんだって。高いところからは飛び降りられないので、ある程度の高さがあれば、箱のふちに登ることはできても(内側にはいろいろものが置いてあるのでよじ登ることはできる)、外側に飛び降りることは無理なんだそうな。

ラットは犬のように人になつくとかで、楽しみにしてますが、今のところうちのPhoebeはまだまだシャイです。

Phoebeという名前は私たちの好きな”Charmed”というドラマの三姉妹の一人からとりました。彼女はいつもセクシーな服を着ているのでよく”Wow, sexy Phoebe!”なんて2人で言いながらTVを見てますが、ラットのほうはセクシーじゃないなあ、ってセクシーだったらどんなのかしら???




先週ジュエリーショップに頼んでおいた結婚指輪のサンプルが届く日で、2人とも楽しみにしてました。

が、天気予報どおりいい雨具合です・・・ ”傘持ってる?”と聞くと”ない”との答え。こっちの人あまり傘さしません。イギリスに旅行に行ったときあまりにも皆傘をさしていないのに驚いたけれど、NZの生活も経て、もう驚かなくなりました。傘、もって来てるんだけれどね。日本じゃ、外を見て”傘さしてる人がいるから、雨降りはじめたぞ”、っいうのは一つの目安ですよねえ?

買い物の間、雨は激しくなったりしながらも、とにかく振り続けてました。

指輪、写真を見ればどんなのかおわかりかと思いますが、実物はこんなに赤っぽくなくて、少し赤みがかった金色です。決めてきました。

今日はもう一つ大きな買い物をしたんですが、明日以降毎日話に出るに違いないので、今日のところはここまでです。




おとといTaakieが買い物のついでに小さな花(英語名はスイートアリソン)を買って来てくれたので、今日はそれを植えるためのプランターと土を買いに行きました。

車はないので、自転車で行ったのですが、彼が運んでくれた20リットル+25%おまけの土はけっこうしんどかったみたい。私はプランターのほうを運んだのだけれど、これも積むのが大変で、まあこぐのに支障はなかったのだけれど、ブレーキがうまくきかなくて一度ひっくり返りました。

こっちの自転車は日本で見かける自転車にはほとんどついている前かごがありません、そういえば。買い物に行くと袋をハンドルにぶら下げて帰って来ないといけない。なぜかごがないのかと聞けば”自転車は物を運ぶためにあるのではなく、人それ自身の移動のためにあるから”とのこと。うーん、なるほど。中国ではどうだったでしょうか?

前かごの代わりに後ろの荷台にかける袋があり、それを使っている人も結構います。私はほとんどもっぱらリュックをしょっています。

高校の時、自転車通学をしていたのだけれど、うちの学校は変な学校で、やたら厳しく、登校時前かごに荷物を入れることが許されていませんでした。後ろの荷台にくくりつけなければいけなかったのです。ほかにも、マフラーをしちゃあいけないだの(タイヤに絡まるから、って)、変な規則がいろいろありましたな、今はどうなんでしょうかねえ。なつかしい。

さて、プランターに苗を植え替えまして、うちは庭もバルコニーもないので、窓の手すりに引っ掛けることにしました。なかなかいい感じです。




昼寝、なんてしてしまいました。

オランダ語勉強始めたら10分で眠気が来まして、ちょっと眠っちゃおうか、なんて働いているTaakieには大変申し訳ないと思いつつもうとうと。勉強しているテーブルに突っ伏すんじゃなくって、うちの洗濯干し場として使っている部屋にあるリクライニングチェアへ移動。

今日もいい天気で、ほとんど風がなくて、すごいサイクリング日和だったのに、昼寝に使っちゃいました。

うちのフラットは最上階を除いてバルコニーがなく(1階は小さな庭があるが)、おそらく皆同じ構造だと思うのですが、大きな扉が道路に面している側についた部屋があります。柵がついているので外には落ちないけれど、まあ、日本ではあまり見かけないタイプですね。写真で見ていただいてもよくわからないかもしれないけれど、こんな感じです。

ここはとにかく日当たりがよくって、冬でもかなりあったかくなります。

大通りなので車がうるさいけれど、いやー極楽でした。

もちろん、昼寝のあとの勉強は頭がすっきりしてはかどりましたことよ。自分で発音して勉強してるから、いんちき臭いな、と気がついたのは収穫です。





今日はいいことも悪いこともごにゃまぜかも?まあ、すごく悪い!ことはなかったけれど。

朝、半ジョグ半ウォークに出かけたら、気味の悪い奴らに出くわしてしまいました。雨も降ってないのに何でいるんだよう!奴らとは、虫でもないのに虫つけて呼ばれることもある、アジサイのお友達、カタツムリ!私がどうしてカタツムリが嫌いなのかは自分でもよくわからないけれど、とにかくこっち来ないで~、って感じ。前にも見たことがあったけど、オランダのカタツムリってば私が日本でもっとも恐れるニスジマイマイより気味の悪い蛍光黄色の殻だか体だかを持っているのです。お見せしたいけど、写真なんて私に撮れるはずはありません。そこは自転車道なもので、ときどきくしゃっとやられちゃってるのもいて、自分も踏まないように気をつけないといけません。今日はまだ数が少なかったけれど、雨のあとなんて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

また天気がいいので、サイクリングにも行くか!と張り切って出かけるときにポストをチェックすると待ちに待っていた手紙が!!オランダでは新しく移住してきた人に統合プログラムと言って、オランダで生活するうえで必要な知識を教育する制度があります。これにはオランダ語学校も含まれていて、私はこれが始まるのを短い首をなが~くして(もまだ短いけど)待っているのです。IDカードを受け取って1ヶ月ちょっと、約20日後に面接を行う、とのお知らせ。まだ20日待って、さらに学校が始まるまでにどれほど待つのかはわからないけれど、とにかく一歩前進の手紙なのですごくうれしいのです。面接でどのくらいオランダ語できるかきかれるそうだし、学校もオランダ語での授業なのだとかで、自己学習を続けないといけません。でもうれしい♪

サイクリングはあったかかったけど風が強くて、頭をライオンのようにしながら走っていたみたいです。たんぽぽもますます色あざやかになり、木々も緑を増してきました。口笛吹けたら吹きたい気分でした。

サイクリングの帰りに買い物に行き、いろいろかごに詰め込みレジへ。Taakieが小銭の1セント・2セントをためこむので、私はいつもなるべくこれらを使おうとしてますが、いつも端数のセントにばっか気をとられていて、今日も端数をぴっちり出したところ、”21ユーロよ”と言われ、はっとすると、私は20ユーロ+端数を出していたので1ユーロが足りない!結局1つ物を減らしてもらい、端数は払えずまだ増やしてしまいました。めったに20ユーロ越える買い物はしないのだけれど、今日はチーズと肉両方買ったからなあ、ちょっとばかし甘く見てました。ちょっとだけショック・・・







みんな今日から仕事に戻って行ったけれど、私はよくあるたらたらな日をやってました。

朝、1週間ぶりに散歩+ジョギング(歩き:走り=4:6くらい)行ってきました。先週は遠出サイクリングにも行ったので1回しか行ってなかったので久しぶりになってました。もう暑くなり始めているのにいまだに黒い厚手のトレーナー着て、汗だらだら(これが目的なのだけれど)。

うちへ戻ってインターネットをしながらまだかき途中の汗を出し(なんかきたない表現だなあ・・・)、気がつくと昼ごろ。

午後は勉強するぞ!と思ったが、おもしろい記事を見つけてしまうとネットサーフィンが止まらない!

私の勉強法は参考書とウェブサイトなんですが、ウェブの時はこうして遊びだし、参考書は始めて20分もすると眠気が・・・勉強した時間と同じくらい寝てしまいました・・・

話は変わって、今日初めてキッチンのダイニングテーブルで夕食を食べることになりまして、今までいつもテレビを見ながらリビングで食べていたので、2人とも好きな”Charmed”というアメリカの魔女3姉妹のドラマが見れないね、どうしようか、となりました。この番組以外はどうしても見なきゃってことないよね、という結論になり、TVを見終わってからニュースを聞きながらテーブルで食事をしました。結果、”やっぱりダイニングテーブルでの食事はいいねえ!”と大満足でした。おまけに彼は新聞を読むのに最適!と喜んで、いつもためるだけで読まない仕事関連の週刊新聞を読んでました。






4連休最後の日、また朝からいい天気!

昨日の家具移動のあとから、なぜかTaakieが”掃除をしよう!”と言い出し始めました。私がこちらに来てから3ヶ月弱、初めてそんなことを言ってくれたのです。”水周りは僕がする”とは言ってくれてはいたものの、まあ、もともと掃除は好きな人ではないので行動に出たことはない・・・本日はありがたくシャワー室、トイレ、窓拭きをしてもらいました。ありがとう。

そのあとは昨日から予定していた弟とその友達とで広場へ出かけました。外は一面たんぽぽで黄色に染まっていて、すごくきれいです。今はどこへ行ってもたんぽぽだらけ。私は散歩をし、男性陣はボール蹴りと日向ぼっこ、っていうかビールを飲んで寝転ぶのが一番の目的だったようでして・・・みんな次から次へとビールを空けているのを見ると、自分も飲めたらどんなによかったかと思ってしまう・・・せっかくハイネケンのお膝元にいるのにもったいない・・・

彼の家族のところへ行って屋外で夕食のあと、また広場へ戻ってキャンプファイヤーなどしました。またビール。Taakieは熱心に火起こし。私は前の仕事でたき火で焼き芋なんてしていたので(!)、しばらくぶりの火に内心喜んでました。

私のしていた仕事、やきいも屋ではありませんよ。田舎の農家の家を借りて放課後子供たちと活動していて、田舎なもんだからそういうことも私が率先してやってたんです。自分が一番楽しんでいたんですが。やきいもは冬の楽しみだったなあ・・・

日曜日が3日もあったような気さえする長い週末も終わって、また普通の生活です。天気も1日をのぞいてあったかくてよかった!





このページのトップヘ

見出し画像
×