遠路はるばる、最寄り駅まで車で30分というオランダの南の方に住む、Mさん(Mちゃんとは別の人です)がアムステルダムまでやってきて、お会いすることになりました。

電話で話しながら電車の時刻を調べていたとき、今日はどうも彼女が乗るメインの線のどこかで工事があると注意書きがあり、長距離ゆえに、ちょっと遅れたらどんどん玉突き状に遅れて、大変な遅れになるのではと危惧していました。でも、大丈夫でした。

遅れないですんだのはよかったけれど、街に入っていってはっとしたのが今日は月曜日だった!ということ。オランダじゃあ月曜は店は午後開店ちゅうのはほぼ常識じゃあないですか!いつもなら人であふれかえるメインストリートも静まり返ってガラガラ。ツーリスト(自分も?)がちらほらいるくらい。

私は頼まれ買い物があったのでそのお店に行こうと思ったところで、やっぱり時間的なことを考えて一旦カフェに入って2人とも遅い朝ごはんを食べましたよ。遅いったって、私は8時すぎに起きて、Mさんは6時ごろ起きたとのこと!そりゃあ彼女の方が空腹時間は長かったはず。

話を聞くと彼女はタフな生活を強いられているようで、こんな都会近くに住んでても出不精の私なんてなんてもったいない生活をしているのかしら!てな感じ。正直私が思うに、彼女はその限られた状況の中で、ちゃんと地に足が着いた生活をしていますよ。オランダ人の中に入って働いたりね。

そのあと某日本食料品店に行くと、Mさんが大使館で会ったという人に再会。何たる偶然。話もりあがってました。こんなことってあるのね。アムステルダムまで来てよかったね。

彼女とは6時半ごろ別れ、うちに帰ると、賭けに負けて(!)夕ごはんを作ることになっていたはずのTaakieがいない!でも買い物をしてきた形跡があり、一度はうちに帰ってきていたようなので、電話をすると、翻訳を頼みに出かけてて、戻る途中とのこと。で、じゃあすぐ帰ってくるね?と聞くと、弟のところでビールを一杯飲んでからだからもうちょっと、と言う。

どうしてそうやって夕食を作る、と決めた日に限って8時に帰ってくるのかなあ!?そんなわけで、お昼も遅く食べた私にとっては大したことではなかったはずなんだけれど、そのあとちょっとつんつんしてました。彼が作ったもの?インスタントのソースで作ったカルボナーラでした。予告済み。味はまあOKといったところ。ごちそうさま。



電話しなくちゃしなくちゃと思い続けてまだ電話しないでいたNZの知人にやーっと電話をかけました。これからさんざんお世話になるというのに、電話嫌いも災いして、なかなか電話しないでいました。Taakieとも話してみてほしかったので、忙しくない日曜の朝にようやくしたというわけ。(ちなみに時差は現在10時間)

電話かけてしまえばただただ話は弾んで、英語で電話をかけるのは…なんてためらっていた私はなんだったの?てなぐあい。NZで彼女の元で4ヶ月ハーブファームのお手伝いをしながら英語漬けの生活を送っていたので、そりゃあ、彼女の英語が一番聞きやすいというのもあります。

Taakieとも話してみたところ、”彼の英語はアメリカ人の発音みたい。オランダ人だって言われなければ、ほとんどわからないわ。”と言ってました。彼女もその友人や私がお世話になった人たちも私たちが行くのを大変歓迎してくれるとのことで、こちらもすごく楽しみです。

とはいえ、やっぱりオランダも離れがたくなってまいりました。今日、大きなおみやげもって遊びに来てくれたMちゃんたちとももう何度も会えないし、やっぱり、彼の家族と離れていくのがとても辛い…

夕食をご両親のところで食べたのだけれど、やたらと盛り上がって、みんなで笑ってばかり。今まででもこんなにみんなで笑ったことはないんじゃないかというくらい。

だんだん絆が深まっていくのを感じているのに、あと2週間後にはオランダにいない…きっと、泣いてしまうような気がします。

私はいろいろ落ち込んだりおかしくなったりしているけれど、オランダに住むのがいやなわけではなく、積極的にニュージーランドに行きたいというわけでもないのです。ますます複雑な心境になってきました。

Taakieのいとこに2人目の男の子が生まれたというお祝いで、お兄ちゃんの方も同時に3歳の誕生日、てなわけで、私たちが親戚に会っておくのにもいい機会だということもあり、Taakieのご両親とともに行ってきました。

初めて行くオランダ西北部Friesland。特別ってわけじゃないけど、一応行ったことない地方だから、ちょっと心に留めておこうと思いまして。果たして行ってみた先は、聞いていた通り、すごく平らで、ずーっと牧草地。でもおもしろいのが、土地が低いオランダならでは?ヨットの帆がトウモロコシ畑の上から見え隠れしていたり。

さてさて、赤ちゃんは生まれてまだ10日くらい。すごく小さい!”でも手足の指の長さは普通の赤ちゃんより長いのよ”なんて聞いて見ると、足の指が長い赤ちゃんでありました。

お兄ちゃんの方に買っていったプレセントは、おもちゃの工具一式+ヘルメット一式。ヘルメットの方をえらく気に入ってくれて、自分でかぶったり、人にかぶせたりしてご満悦。いい選択だったね、とTaakieと言い合う。

オランダの伝統で、赤ちゃんの誕生祝に必ず用意するものがあって、それが青と白の砂糖がかかったアニスシードをふりかけたビスケットみたいなもの。それがまた、すごいにおいがきつくて、私にはダメ。隣で見ていたおじいちゃんおばあちゃん、私のしかめっ面見て爆笑。Taakieは、”これはオランダの伝統だから、うちも赤ちゃん生まれたらやるよー”なんて言ったけど、私は作らないよ!


そのビスケットの写真はないのだけれど、こちらは帰りにいただいた、小さな砂糖菓子。



私の悪いくせ、何かをやり終えないうちに次のものに手をだし、そしてまた次のもの…と、みんな中途半端なままにしてしまうこと。これは家事にて顕著に出ます。

洗濯物を干そうと思って、乾いたものをハンガーからはずし、そして洗濯機のふたを開ける。そこでトイレに行きたくなっていくと、今度はふと、掃除機をかけなくちゃ!と思い立って掃除機を出す。半分掃除したところで、なぜかひと休みしようと思ってPCの前に座る、そこで貼り付いて30分くらい、はっと後ろを振り返ると掃除機出しっぱなし、洗濯物たたんでない、洗濯機のふたは開けっ放し…そんなことしょっちゅうです。

忘れっぽいせいもあるけれど、これは集中力に問題があるんでしょうね。今日はそんな感じで、なぜか久しぶりにオランダ語の勉強などを始めてしまい、気がつくと掃除機・洗濯物ほっぽりだしでした。

久々のオランダ語学習はいい感じだったのよ(いいわけ)、でも中途半端はいかんですね~。私の人生はこの性格がなしたものか???

今日からちょうど1ヵ月後にはNZの地へ向かって飛びます。嘘のような、ほんとの話。

毎日ぼーっと過ごしています。もうオランダ語の勉強もちっともしていないし、うちでも掃除洗濯ぐらいはするけど、おもにインターネットしたり、本読んだり。なんだか満たされないわ。

私は自分がいつも中途半端な立場におかれていることに対してジレンマを感じてきた。大学出てからずっとそう。私の人生って、中途半端だなあって思います。

大学出て、自分が好きで始めた仕事は一般的なフルタイムではなかった。その仕事は本当に好きだったけど、それだけではやっていけないからほかに仕事をしたりしていた。でも、ずっと苦しかった。

それで現実から逃げ出すように行ってしまったニュージーランド。それがその後の人生を大きく変えるきっかけになるとは思っていませんでした。だって、英語はしゃべれるようになったけど、NZ離れる頃までには”落ち着いて日本に住むぞ”という決意ができていたから。

運命の人に再会してしまったヨーロッパ旅行。そうしてその後はまた自分が思いも寄らなかった方向へ事態が進み…

いまでもぼんやり過ごしているようでいて、いつも考え事ばかりです。考えたってどうにもならないのに。

人のことばかりうらやましがって、中途半端なまま努力もせずにいるのは自分が悪い。でもどうして私はいまオランダにいるんだろう?なんて考えてしまいます。

私はこれからもずーっとこんな頭のまま、現実を嘆き生きていくのかしら?って、そうやって嘆いてるひまがあったらなんかすればいいのよねー。


天気予報どおり、今日から徐々に涼しくなっていくようですね。でもこれが普通のオランダの夏の気温なのかな?

涼しそうだったので、ひさしぶりに、かなりひさしぶりにジョギングに行ってきました。体調がいまいちだの、精神的におかしいだの、暑いだのといちいちいいわけをして半月ほど(もっとかも)走ってなかったのです。結構気持ちよかったです。久々にいい汗かいたー。まめもできちゃったけど。

珍しく出歩いた日で、ジョギングに行ってうちに帰ってきてしばらくインターネットなどしたあと、Taakieのお父さんの誕生日カードを買いに街へ。

道を歩いているときは風もあって気持ちよかったのだけど、店の中はまったく空調なんかなかったりしてすごく暑い。人の熱気もこもっているのでしょうか?そういや、どこの店も入り口開けっ放しだもんなあ、日本で真夏に店の入り口開けっ放しなんて考えられないですよね?

そのあとばったりMちゃんと彼に会いました。しばらく立ち話。ほとんど日本語でしゃべっていたので、彼には申し訳なかったかな。でもアイスおごってくれてありがとう♪

Taakieのお父さんの誕生日だったので弟の車に乗せてもらってご両親のところに行ってきました。失くし物が得意なTaakieは携帯を先日お母さんの車を借りたときに車内に置き忘れたらしく、それを取りに行かなくてもいけなかったのでちょうどよかった。

この携帯、個人のじゃなくって会社持ち。なのに一度映画館でスイッチを切ったあとにどこかへ行ってしまい、うちに帰ってきて気づいて探したが見つからず、新しいものに変えてもらったばかり。またか!ってとこでした。

さて、私が選んだ音と光の出るカード、かなり喜んでもらえました。父の日に家族でお金を出し合って電動シェーバーを買ったからといってプレゼントは特別にはなし、それならということでちょっとお値段は張ったのだけど、ナイスなカードを買いましたよ。お店でいろいろ聞き比べるのはちょっと恥ずかしかったけれど。


今日は1日中新しいページのアップと、URL移転に伴うちょこまかしたことのためにノートパソコンにかじりついておりました。

デスクトップに使い慣れてノートパソコンに移るのがこんなにしんどいとは正直思ってもいなかったので、色は見えづらいわなんだで目も疲れました。

URLを古いものを切り捨てようと思ったわけは、ノートパソコンの方からはアップロードの作業ができないからなのです。うちに帰ってきたTaakieにも聞いてみて、彼もいろいろやってくれたけどやっぱりアクセスできず、あきらめました。

無料サイトなので広告がじゃかじゃか出てきて見づらいことをお許しくださいませ。URLが今後変わることはないと思いますが、広告はいずれ少なくなるようにしますので、それまでの間はほんとにすみませんが、あとでバシバシ閉じてください。

ノートパソコンは条件が異なるのでまだいろいろ不都合がこれからも出てきそうです。アクセス解析も使えなくなってしまったし…

でももうホームページに関するファイルをすべて移動させてしまっているので、デスクトップで作業したかったら一旦ノートパソコンからインターネット上にファイルをアップロードして、そこからまたデスクトップにダウンロードするといったことをしなくてはならず、めんどくさい~。でももうデスクトップともお別れだものね。

Taakieはもう残りわずかの時間を思いきりPCゲームで遊びたいらしく、せっかくうちに帰ってきても私の相手もおろそかにPCにかじりついております。

ベッド話の続きです。何やってんだか、この人は、って思われるかもしれませんが、結局同じ部屋にベッドを戻しました。

掃除してて、ふっと思ってやっぱり戻そうって。でもそのまんま戻すのはつまらないから、同じ部屋なんだけど、ベッドを両壁に一つずつくっつけて真ん中にスペース。いわゆるツインベッドのお部屋。

こういうちょこっとした気分転換もいいんじゃないですか?って、もうすぐオランダ去ろうとしてるものが家具の配置換えで遊んでる場合でもないでしょうにね。

準備は進んでますか?と気にしてくださってるみなさま、はい、あまり進んでません。私が準備すべきものは自分の荷物(バックパックともう1つ大きなカバン)ぐらいで、それくらいならぎりぎりになってからでもできるかな、って冬物を袋に詰めたとこで終わっています。

しかし問題はウェディングドレス。ドレス、帽子、靴みんな日本に持ってくとなると大荷物です。でもオランダに置きっぱなしというわけにも行かないのでとりあえず持って帰るのだけど、帽子!これは箱も大きくて大変よ!

ドレスは取っておきたいけど、帽子はどうしようかな?ってところです。

さて、またベッドの話に戻ると、寝ころがってPCで遊ぶのにちょうどよかったからそのままにしようと言いつつ戻したのでありますが、その寝ころがりスペースには座布団みたいなマットを持ってきて、やっぱりねころがれるようにしました。だからまた片付かないっていうの!



私とTaakieが別々に寝るようになって1週間。もうそろそろ元に戻そうか、なんて話をしていたのだけど、1日が終わるまでに、やっぱりこのままにしよう、という結論に至りました。

けんかなんてしてません、最近はすごく仲良くしています。おとといと昨日と続けて炎天下で出かけたので今日はうちで片付け物をしようと話してました。

しかし、TaakieがNZに持っていくのでいろいろデータの移し替えなどをしているノートパソコン、これがちょーど私が動かして持ってきたベッドの上で使うのにちょうどいいのです。インターネットもただいま2つのPCで同時にできます。

そんなわけで、掃除も中途半端に結局1日中PCで遊んでました。Taakieはいつもやってるゲーム(でもNZには持っていかないらしい)、私はネット。そして2人で夢中になって遊んでしまったのがWindowsXPについている3Dピンボール。

どうってことないゲームなんだけど、すっかりはまってしまって、交互にベッドにねっころがりながら遊んでしまいました。もうほんと1日中。

最初はノートパソコンにWindowsをインストールしないと言っていたTaakieだけど、私がデジカメの画像処理やWeb管理などに使い慣れたものをとお願いしてインストールしてもらって、で結局Windowsのつまらんゲームにはまってたのでした。



前回私がくさっててTaakieにつらく当たって行きそびれたシーワールドに行ってきました。正直”シーワールド”ってのが日本的一般名称かわかりません。要するに海の動物たちが集まったところです。鴨川シーワールドっていうのが千葉ではおなじみなため、この名称を用います。水族館、じゃないもんなあ。

そのDolfinarium Harderwijkはうちからだと車で30~40分のところで、ふれこみはヨーロッパ最大のシーワールドだそうです。

暑いのにもかかわらず、園内は子供づれの人たちでいっぱい。周辺もビーチリゾート(?)としてにぎわっているようでした。全部見て回るのにはうまくショーの時間を考慮して動かなくてはいけないので、Taakieがだいたいのプランを作ってくれました。

まずは外からでもよく聞こえる声で鳴いていたアシカのショーへ。ショーが始まる前から愛嬌を振りまくように泳いでいったり来たりしていたのだけど、一旦ショーが始まるとさらにその賢さを披露してくれました。逆立ちしたり、噴水に手でふたをしてお客さんに水を飛ばしたり。


でもやっぱりイルカのショーこれを見ないと始まらない。ドームになった屋内でのショーでした。一番前に座る人にはビニールシートを配ってました。相当水、飛ぶわよね?でも私たちは上のほうに座ってたので関係なかったけど。

写真はみんな動いちゃってるのとかボケてるのばっかりなので載せられないのですが、こんなことだったら写真撮らないでショーに集中してればよかった!ってくらい激しくジャンプしたりしてて、やっぱり興奮しちゃいました。イルカって、本当に賢いのね。NZではぜひイルカと泳ごうプログラムに参加してみたいです。



こちらは地下から水中の様子が見られるところで。Taakieはイルカの写真にこだわり、いいのが取れるまで動きたくなさそうにしてました。

もうひとつ、見たもので面白かったのは、海の動物は一切出てこないのだけど、海関係ってことでOK?の海賊の3D映画。時間は短いのだけど、これがまた、意外な演出があって、言葉わからなくても大笑いさせてもらいました。

宝の島に住む少年が、宝探しにやってきた海賊にわなを仕掛けているのだけど、鳩攻撃にあった海賊がフンを頭から浴びるシーンでは真っ暗な劇場の天井から水がぼたぼた!みんな予測してないので大騒ぎ。ほかにも蜂に刺されるシーンでは椅子がぶるぶる震えたり。こういうの、大好きです。





Taakieと一緒にアムステルダムに行ってきました。移住の申請に必要になる出生証明書は自分の住んでいるところでなくって、日本の戸籍謄本やらが本籍地じゃないと取れないのと同じで、出生地でないと取れないんです。幸運なことに彼は電車で20分のアムステルダム生まれなので、ついでに遊んでもきました。

いろいろ話してて、真剣に英語の勉強をしなくちゃね、という話になり、最近私が英語の文を読むのになれるためにも読んでいるコスモポリタンUK版と、一緒に手元に置いている電子辞書のことを話すと、Taakieが、自分もそういうのが欲しいと言い出しました。

日本では電子辞書なんて普及しているし、NZの英語学校時代には中国人・インドネシア人クラスメートたちも持っていたので、当然のようにオランダにもあるんだと思っておりました。英語のスペルチェックマシーンなんてのも文房具店においていたし。

しかし、オランダには全然見当たらないのです。語学学習書専門店に行ってもなかったし、なんでも売ってそうな電気メインのお店にもない。ただ皆に口をそろえて言われたのは、”Kijkshopにならたぶんあるよ”と。

「カイクショップ」と読むのですが、ここのお店は品物がみんなショーケースに入ってて、用紙に欲しい品物の番号を書いてレジに持っていくと倉庫から出してくれるというシステムになってます。場所代を節約しているからか、品物は割安なのだけど、ちょっぴり社会主義チックな感じがするのは私だけかしら?今はわからないけど、中国では品物をショーケースの中から選んで見せてもらい、そしてお金を先に払って(支払い場は別にある)レシートをもって行くと初めて品物を渡してくれるというシステムがあって、おもしろいなと思ったものです。

さて話は戻って、このKijkshopにそれらしきものがありました。でもちょっと違うの。Taakieが欲しいのは英語とオランダ語の辞書。でもあったのはこんなので、親切にもオランダ語を含めたヨーロッパ8ヶ国語のもの。便利かもしれないけど、トータルで8000語、ということは1言語あたり1000語。うーん、考えてしまいました。値段は買って損はなさそうなほんの16ユーロなんだけれど。

いろいろ検索したけれど、英語とオランダ語だけの辞書はなくて、みな多言語か、それかミニPCになってしまうのです。こんなに便利なのに、なんで普及してないっていうか、ないんだろ?

ところでまったく別の話になるけれど、電車でたまたま隣に乗り合わせた人がニュージーランドから来た人!私が身につけていたグリーンストーンのネックレスを見て、声をかけてくれました。何たる偶然!たった一駅間だったけど、いろいろお話しました。


いや~またしても非常に暑かったです。もう本当にいやになっちゃうほど。なんてったってニュースのトップはお天気の話題からスタートしていたぐらい!!

一番暑かった地方は38度近くを記録していて、それも1940年代(47年だったか?)の最高気温記録に迫る勢い!歴史に残りそうなオランダの猛暑に居合わせることができた私は、もう、早くオランダを去りたいです。

暑くなきゃ夏じゃない、それはそう思うけど、私みたいな暑がりにとっては暑いのは辛いのです。暑いほうが好き!というTaakieでさえ、ぐったりです。

今日は服を着るのさえいやになるくらい暑く、そんな私が着ていたのは、去年トルコで買ったリゾートねーちゃんが来ていそうな水着みたいな上下。これ着て出かけられなどしません。ほとんど下着に近い。背中はひもだけのホルターネックのトップに、ミニの巻きスカート。うちに居るんだからいいか、って。

そんな格好で掃除をしていたら、うちのブザーが鳴った!出られないよ!と思って居留守を決め込むと、またブザーが鳴って女の人の”ハロー?”って声とともに開けっ放しの窓から手を入れたのか、カーテンが開く音!

ひゃー!と思ったけど、そこまでされるとよけいに出られず、音楽なりっぱなし、PCのモニターつけっぱなし、天井についてるファン(バーなんかにありそうなやつ)回りっぱなしで、明らかに居留守を使っているのがばればれな状況で、じっと固まってました。

私だって好きで居留守使っているのじゃあないのよ。出られない状況ってものがあるでしょう?何でこんなにいつも間が悪いのかしら。

結局もう一度女の人が訪ねてきて、Taakieの会社から今頃届いた結婚祝いの花束を受け取りました。花はうれしかったけど、私の変な姿、一瞬見られてしまいました。

先日たまたま読んだ日本の女性週刊誌に、エコロジーな掃除の方法っていうのがありまして、家庭にある重曹とかで掃除をする方法がありました。我が家の掃除嫌いのだんなの手元にもなぜかSODA(炭酸ナトリウム)があって、オランダ語はよく読まなかったけどイラストでだいたい見当がついたので使ってみました。

ついでに、もっと調べてみようと思って検索したら、他にもお酢で掃除する方法なんかもあったので、試してみました。水垢はお酢で取れる!

よく考えてみれば、コーヒーメーカーはお酢で掃除するってこないだそんな話題になったばかりでした。こっちは水が硬水ですぐに白いかたまりができてしまうので、(って、うちは放置してあったけど)お酢を通すといいんですって。Kaoriさんとこの彼のお母さんだったか、1リットルほどの酢のボトルをそのままどばどばぜんぶ空けてコーヒーメーカーに通すって。すごいわ。

私はやり始めるとしばらく続けるけど、基本的に飽きっぽいので、もっと掃除しなくちゃと思いつつ、はい、今から続きやってきます。

一回座ってモニターつけちゃうとおしまいなのです~。こう暑いと何もやりたくないわ~というのはいいわけです。

お掃除についてはこちらを見てください。目からうろこ、でした。

昨日の夜からTaakieがNZに持っていくノートパソコンと今使っているデスクトップのデータ交換をしていて、インターネットにつなげない状態だったのでオフラインでためにためてた結婚式関連のページの更新をしました。

やっと結婚式の報告がぜんぶUPできましたので、どうぞご覧くださいませ。お城ツアーの写真も近日UPできるように急ぎます。気がつけばもうあまりオランダでのぐうたら時間が残っていないのです!それ逃したらかなりしばらくできそうにないのでやらないと。

せっかちのくせに、やらなくても困らないことにはなかなか手をださないで後回しにしてしまうので(しかも自分に言い訳ばかりしている)、もう結婚して1ヵ月半ほど経つのに終わっていませんでした。やっとすっきりしました。

我が家では今ちょっぴり花が咲いてます。2つだけすごくよく育ってる植物があって、つぼみがついてから毎日毎日Taakieとわくわくしながら観察してました。もう一つのひまわりか?ってぐらいよく育っているものは今少しずつ花が開いてきてます。

あんまり世話もしないんですが、花って咲くとうれしいもんですね。一見興味のなさそうなTaakieですらかなりうれしそうで、私をしきりにせっついては写真を撮るよういいました。

そんなTaakieが今着ているのは、私が日本にいた頃チロルチョコ食べまくって当てたTシャツ。エッグタルトチョコのキャラクターで、Tシャツの前にはマグネット時計も当てたことあります。当てるコツは、チロルチョコを30個入りの買って食べまくることっす。日本帰ったらTaakieに食べさせてあげようっと。


これを見るたびクスリと笑わずにいられない私はいじわる?でもTaakieがドラゴンボールのベジータのシャツ欲しがってて、ほんとに買って着られてしまうよりはずっといい。




昨日のおかしくなってた自分の精神状態にて、ベッドを移動してしまいました。前にもベッドを移動しようかって言ったことはあったけど、行動には移しませんでした。なぜかって、Taakieが反対したので。

前回ベッドの移動を提案した理由は、私がバイトで帰りが遅くなった時にTaakieがたまに先に寝ていることがあって、そんなときに私は彼の手を触ったりしたいんだけど(起こすつもりはない)、彼にとっては寝入りばなを邪魔されるので非常にめいわくだというようなことを言われたから。

”そんなんだったら別の部屋で寝た方がいいんじゃない?(もともとダブルベッドじゃないし。うちはシングル2つ)”と言ったら、彼が”そういう意味で言ったんじゃないよ~、寝るのは一緒の方がいいんだ!”と返してきて、それでおしまい。

私だって、寝るのは彼と一緒の方がいいけれど、昨日は自分で自分を追い込んでわけわからなくなってて、これも彼に対してのいじわるの一つですね、動かしてしまいました。

でもこれがまた、よかったのよ。寝るのは別々の部屋だから、なんとなく寝るのが名残惜しかったりして、お互いが別々の部屋に行くのが別々のうちに帰ってくみたいで。すごくちょっとだけど、やっぱり距離を置くってのは効果的だと思ったわけです。

おまけに、一応自分の部屋ができました。うちは1つの部屋はリビングとつながってて、間仕切りの引き戸が開けっ放しにずっとしてありました。それを閉めれば自分の部屋ができるようになったんです。

2人しかいないから、普段はいらないけど、昨日のような不都合が起きた時にはこもれる部屋があるといい。

そんなわけで、しばらく別々に寝ます。Taakieの寝る部屋は今異様にがらんとして広いです。

このページのトップヘ

見出し画像
×