2021年02月24日 07:58

眠りが良かったり悪かったり、いろんな原因に心当たりはありますが、昨日のは思いっきり2点、仕事で調整役になってるので他チームへの説明をするのになんだかそのことが半分夢に出てきて体がむずむず(思い出すに嫌だわ)、ってのと、日本へ帰りたい、がまた始まってしまったこと。

仕事の方は、この立場に回ってみたらだんだん見えてきたことが色々あって、他の人も私の理解を同じように理解してくれて、今までぼやっとしていたことの全体像が徐々にわかりつつあります。
でも、私が無理やりプロジェクトに入らざるを得なくなるなるまでに色々あったはずのことが全然見えていなくて、他の人と話しながらやっと自分の頭の中での整理がついてきた感じ。

や、なんだかんだ言って仕事、相変わらずどうにかして、状態です。毎日が綱渡り。毎日どこかで風が吹いて綱が揺れてる。渡ってる綱の先は見えない。

先は見えずとも小休止、な一時しのぎ場所がほしい。それが一時帰国だろうと思うんですが、それもどんどん先にスライドしてる。

今の状況で一番感染リスクを考慮すべき父は、状況を見て落ち着いて決めてほしい、と、ワクチン接種後だね、という理解でほぼ一致。5月にはその見通しがわかればいいのですがね。

こんなちっぽけな私レベルであれこれ考えあぐねているのに、オリンピック開催はもうないだろう、と思うんですが、とまた別の話題。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村




2021年02月23日 03:40

まだ搭乗はしたことないけれど、ポーランド航空への好感度急上昇!ぜひ積極的に使わせていただきますよ!

昨年の7月がダメになり4月末に変更したフライト。
現状を見ていると、やっぱり親子3人で日本に行くべきタイミングかどうかものすごく微妙なわけです。

最悪子どもたちは同行せずチケット捨てることになってもしょうがないので1人で帰る選択肢も考えていました。
自分が感染しないように注意して過ごすこと前提で、必要なテストは全て受けますが、子どもたちは日本のパスポートないし(国籍は無論ありますが)ややこしいかなと思って迷っていることもあり、チケット捨てるのもかなり覚悟しました。

どうしたらいいか、ポーランド航空にWhatsAppメッセージで問い合わせができるサービスがあるので聞いてみました。回答はやっ!そしてありがたいことに、バウチャーに変えられますよ、とのこと。
夏に飛ばないことが確定して一番最初にバウチャーか、変更か、現金返金という選択肢があり、その時にあえて変更を選んだので、どうだろうなと思ったら、ありがたいことでした。

これで、私一人で帰るタイミングと親子で帰るタイミングを別々に決めることができます。

コロナに感染してしまったのは、未だに看護師現役の母です。ワクチンが医療関係者に届く直前のことです。勤務先に感染者が出たので、避けがたいことでした。
無事徐々に回復しているものの、このまま会えなくなったら、ということを想像しなかったと言ったら嘘になります。
より健康や年齢リスクの高い父は幸い感染していませんでした。

私が帰るタイミングを決めるのは、母の抗体が切れぬうち、父がワクチンを接種できる後、が最善。はっきりりした日付があるわけではないので、4月末もすでに迷っていました。
今からは少し余裕を持って様子を見ていけます。

各国で感染者数が減り、制限が緩和されてゆくのを当面は見守りますが、心がだいぶ軽くなりました。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村





2021年02月22日 01:59

気がつけば2月も後半。
怒涛の感情ジェットコースターな日々が続き、1月の終わりのあんなにリラックスできた2週間のお休みなんて既に半年くらい前みたいな気がします。

残念なことに仕事上のストレスが見事なまでに戻ってきていて、年末頃に、もうすぐ帰れるから頑張ろう、と立ち直っていたのも結局なくなってしまった事実もあり、次いつ日本に帰って家族に会えるのか、少しでも目処が立たないときついままかもしれません。

身の周りでそれこそ自分の家族からもコロナ感染者が出てしまったので、日本の家族に会っておくことが、やはり自分の中でどうしても遠からず果たしておかないといけないことだという思いを強くしました。

次の機会は逃さずに。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村





2021年01月18日 20:23

今週来週と2週間休みです。

なんて解放感!!!

年末年始も休まず、クリスマスと元旦の2日休んだだけで、夏休み後からストレスいっぱい働きづめだったので、自分を甘やかします。

6月に長くチームにいた同僚が辞め、それに続いて頼りにしていた経験豊富な同僚が辞め、精神的に追い詰められてストレスがピークになり燃え尽き寸前。

年末までにやや落着いてきたものの年明けて毎日新たな問題が続き、もうダメだ、逃げたい、という感じで、でも終わらせると決めたことはきっちり終らせて、最後の2日は残業で片付けて休みに突入!

今から既に、休みが明けたらやらないといけないことが決まっているので、少し頭痛いですが、今日は休み始まったばかりなのでリラックスしています。

リラックスといってもあれこれ忙しくはしているのですが、普段やりたくてもやる気さえ起こらなかったことができる嬉しさ。

本来なら日本にいたはずで、それを思うとやっぱり切ないですが、自宅でのんびりは全然悪くないです。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村




2021年01月01日 21:24

2021年あけましておめでとうございます。

今まで経験したことのないような状況に続く2020年が終わり、新しい年が始まりました。

何よりも、今まで当たり前だった日常が戻り、皆が笑いあえる幸せの戻ってくる年となることを心から願っています。

本年もどうぞよろしくお願いします。


何年かぶりで、しかも片手に入るほども経験していないオランダでの年越しでした。
特に変わったことをするでもなく、昼まではのんびり仕事して午後からは何かひたすら食べてる感じでした。家族とゲームしたり、楽しく過ごしました。

年が変わり、花火は全国で禁止されたのに結構派手に打ち上がっており、しかも近所で大音量で音楽を流している家があり、日本でゆく年くる年を見ながら穏やかに新年を迎えるのに慣れている私には、正直きつかったです。
花火はともかく音楽はちょっと勘弁してほしかった。眠りにつきやすくなる音楽というのをイヤホンで聴きながらなんとか眠れました。

何年経っても、受け入れられることも増えてきた一方で受け入れにくいものは相変わらず。年越しはほぼ経験無いのに近いからまたしょうがないんですけども。クリスマスは、だいぶ大丈夫になってきたんですが、2021年はいきなり、やっぱり日本で年を越したいとの気持ちを強くしながらのスタートとなってしまいました。

あと何回過ごせるかわからない両親との年越し、できる限り日本で、っていうのはわがままじゃないと思いたい。

直前で取り止めになった帰国があり、日本というか家族への思いを更に強くした私です。
遠くに来てしまって親孝行ができないことに負い目があるので(これは本当に感じ方は人それぞれだと思います。私はものすごく強いのです)、できるだけ帰りたい。ただ、私が危険を持ち込む可能性だけは避けないといけないわけで、ワクチン接種の効果が早く目に見えてきてくれることを祈るばかりです。

元旦はいつもの週末のよう。ご馳走があるわけでもなく、昨日の不健康な食事の反動で身体が健康な物を欲して、野菜たっぷりのオートミールおじやを作りました。見た目はともかく、日本のだしの味でホッとしました。

11月から生活改善に取り組んでますが、引き続き、このままずっと続けて行けるような好習慣づけを引き続き頑張ります。心の落ち着きにも確実に役に立っています。


読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村




2020年12月27日 04:00

急遽、新規の入国者の一斉拒否決定、というニュースが飛び込んできました。

でもこれが、よく読んでもよくわからないのです。

26日、つまり今日から、日本国籍保持者の14日間自主隔離が不要となる決定があった、というのがまずひっくり返るほど驚きました。

28日からの入国拒否を決定、というところの見出しの下にこれが書いてあったものですから、意味のわからなさ加減にかなり混乱しました。
Screenshot_20201226_165330

よく記事を読んだら、当然のことながらこの免除もなしになるようですが、いくら非日本人を排除したところで、いわゆる危険とされた国(オランダも変異種が発見されたということでリストに載っています)に住んでいたり長期滞在している人に対して対策をきちんとしなかったら意味ないでしょう?!

国籍で感染リスクが決まるわけじゃないのに。

1月末まで入国拒否及び危険国からの入国に対する対策強化があるそうですから、こんなややこしい時期に帰らず済んで良かった。

後から考えれば、例えば今週既に日本に入っていたりしたら、めんどくさいことになっていたでしょうから、出発の1週間ちょっと前の余裕を持ってキャンセルできたことは本当にありがたい。

何やらオリンピック開催のための画策、緩和策が裏目に出たっぽいですね。中途半端なことをせずに、国民の不安を取り除くために政府に頑張ってほしいものです。


読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村




2020年12月26日 01:58

帰国を諦めてがっかりしていた私ですが、台湾在住の友だちにも、こんな時に帰ろうと思ってたのが信じられない、というようなことも言われ、正直ずーんと突き刺さされたような気持ちでもあったのですが、落ち着いて考えると、確かにこのタイミングで帰るのは、よほどの事でないと、という実感が強くなってきました。

アジアの島国である日本や台湾と、大陸陸続きのヨーロッパとは考え方も対応もかなり異なるのもあるし、捉え方に温度差があるのも否定できない。

私もロックダウン決定後にオランダから休暇行く人常識ないなぁとニュースを見ながら思いながら、同じことをしようとしていたわけですし、自分を正当化する言い訳を並べるのも同じだった。

変わって日本のニュースをよく見れば、変異種がイギリスから入ってきてしまった、入国時陰性でも後で発症、陽性とあって、私がそんな一人にならないとは言い切れないわけで、他人事じゃない!

もう、やめておいて正解、しかないのです。

ミュージシャンがイギリスから帰国したのもすごく叩かれているし、もし万が一のことがあったら、私自身よりも、私を受け入れた両親の肩身が狭くなるし、私もこの先帰国する度にもいろんな影響があるでしょう。

「社会的、文化的に考えても帰るべきじゃない」
その通りで、日本はそういうことも大事なわけです。、私自身よりも、私を受け入れた両親の肩身が狭くなるし、私もこの先帰国する度にもいろんな影響があるでしょう。

外務省が水際対策の強化を決めたとメールが入ってきました。オランダは対象ではないものの、いつヨーロッパ内で広がるか、日本国内でも広がってしまうか、時間の問題でしょう。

今日はおそらくオランダに来てから初めての、と思える、家族での暖かいクリスマスを迎えました。家族全員が準備に参加して、クリスマスにずっと良い印象がなく苦しんできた私にも、ようやく本当のクリスマスはオランダで迎えられました。

4人とわんこさん1匹の小ぢんまり楽しいクリスマス。これが一番幸せなのかも。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村




2020年12月24日 23:22

日々状況が変化し先の読めない日々。

ついに日本の両親側から、来ない方がいいんじゃないか、いや、来ないでほしい、と言われました。

ほんの数日の間に色々と考えることはありました。
悪化の一方の日本、好転の兆しがまだないヨーロッパ、変化したウィルスの発見。

本当にここ数日での悪い状況は一気に増え。

両親に何かあってはいけないのが一番ですから、その当人たちから来ない方がいいと言われれば私がごり押ししても行くことはできません。

涙が出るほどガッカリしましたが、諦めました。

幸いチケットは変更可、どうしたらいいかなと思って問い合わせたところ、3月31日まで変更の日程の決断を先延ばしにできるそうで、とりあえずそうしてもらいました。

ワクチン接種が進み、3月にはもう少し先のことも見えているでしょう。

昨夏のチケットを変更希望したままのものも残っており、合計4枚分がまだ宙に浮いた状態になってしまって賭け続きの私ですが、チケット無駄にならず飛べますように。

ある程度想定していなかったわけでもないので、がっかりですが、受け入れはできました。

元気で普通に時間を共に過ごせる帰国が一日でも早く実現しますように。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村




2020年12月21日 04:36

Tが「ちょっと悪いニュースが」と言って伝えてきたのが、先日数時間一緒に過ごした友達がコロナに感染していたという話。

私の反応は即座に「なんでこのタイミングなの!12月はもう要注意してって言ったのに!!」

まだTが感染したと決まったわけではないけど可能性は出てきたわけで。もし彼が感染していれば私もでしょう。つまり、日本には帰れない。

とにかく家の中でも距離を取り、もちろん念のために検査に行ってもらいました。

当人が動けないというのはわかるのですが、だからと言って一日中ゲームしてるのもひどい。
この週末は私もずっとイライラしてました。

結果は48時間以内に知らされるとのこと。
わかるまではイライラ持続。
陽性だったら私も沸騰するだろうなと思ってました。夜遊びに出かけた結果ですから。しかも、気をつけてほしいと頼んでいて。

そしてほぼ24時間後の今日の午後。


陰性!


抱き合って喜びました。
これで後は状況が悪化しなければ…

私はもう最低限の買い物と犬の散歩しか出かけないので、このまま無事に過ごせますように。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村




2020年12月17日 16:08

ロックダウンもなんのその、自分の決めたことは変えない、冬だもん、と暖かいカリブの島に向かう人で空港が混雑していたというニュースはショックでした。
医療施設の数が限られているので何かあったら困る、というのは日本でも沖縄の離島に休暇に来ないで!という話があったのと似ているな、と思っていましたが、それでも行ってしまう人たち。

さすがに、休暇旅行のチャーター機を出している大手2社はフライトのキャンセルを急遽決めたそうです。

不要不急の旅行は避けるように、と再度の通告があるたび、私自身も微妙な立場なので戸惑います。

今帰らないといけないわけではない。誰かが病気なわけでもない。もしはっきりした理由を示せ、と言われたらどうしよう、というところです。

万が一ダメと言われたらその時は諦めます。

成田空港が年末年始の帰国者で混み始めたとか。同じことを考えるのは私だけじゃないのか。そりゃそうだ。

自分の周りにはあえて帰る人が他にいないので、自分だけがわざわざ帰ろうとしているような印象がありましたが、全体で見たらそういうわけでもないのか。

なかなか心穏やかではいられません。成田行きの飛行機に乗り込むまで続くだろうこの落ち着かない気持ち。いや、実家に着くまでか。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村




2020年12月14日 21:07

やっぱり、オランダもロックダウンを決定したそうです。


先にも書いた通り、ここで過ごすぶんにはさほど変わらないでしょう。

今回は小学校も閉鎖になるようです。保育園も。
3月の再来。

なんで11月に日本に帰っておかなかったかなー。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村




ドイツでの完全ロックダウンが決まり、オランダでの感染者数も減らない今、家で普通に生活する分にはなんとかなるだろうと思いつつも、オランダにもロックダウンが来る可能性もゼロではないそうだし、一番の不安は、日本に予定どおり帰れるのか、ということ。

JALは便数増やしてるし、日本行きの便は問題ないと思うのですが、オランダからポーランドにまず移動できるのか。

一方でニュースでは格安航空券をクリスマス休暇の時期に予約した人が結構いるというし、制限のないスイスにはオランダからのスキー客がけっこう集まっているというし、自分さえよければの論理を当てはめるオランダ人が多くてびっくりですよ。

私も飛ぼうとしているからあまり大きな声では言えないけど、あらゆるリスクを想定してやっとの思いで帰るんです。

成田空港からのハイヤーも予約しました。
空港からそこそこ近いから1万5千円で済みますが、少なくないです。
でも実家の両親に無理して迎えに来てほしくないし、小さな子がいて医療従事者の妹にも頼めません。

いろんな複雑な思いが渦巻く帰国。
あと半月。
気持ちが落ち着かない。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村




2020年12月12日 04:10

夏くらいに見かけた広告がずーっと気になっていて、何度もサイトを訪れるだけで数ヶ月が過ぎ。クリスマスも近いしと、思い切って家族にも相談した上で注文!

私が何度も見るもんだから、広告表示が激しくなりさらに気になる。

このお店、ぱっとサイトを訪れてみたらわかると思うのですが(アフィリエイトじゃありませんよ)、とにかく量と値段がびっくり。業務用冷凍食品なんでしょうけど、安いのに美味しそうな、アイスクリームに私はもう惹かれて惹かれて。アイスクリームなんてなくても困らないけどあると嬉しい。近所のスーパーで見たことのない味が気になって。

最低注文額が50ユーロというので、まとめて注文しようとしたら、100ユーロ以上は送料8ユーロが無料とあるじゃないですか!それぞれの単価が安いので8ユーロは大きいぞ、と思い切って注文してしまいました。

今日が届く日で、ワクワクしながら待っていたのですガ、たまたま会議のある時間に配達が重なってしまい、家にいたTに受け取りをお願いしたのですが、会議が終わって駆けつけると、ダンボールの山にどうやら結構困っている様子でした。

冷凍庫に容量はあるし大丈夫だろうと思っていたけど、片付けていくうちに、だんだんこれは無理なんじゃないかというのがわかってきて、特にもともと入っていたものの戻るスペースがないのに気づいたときは一瞬絶望感を味わいました。

ワクワクから急降下の現実に直面する私。

誰かにあげるのがいいだろうけど誰が一番いい?と思った時に、これだけの量だからいろんな人の手に渡ったらいいじゃないか、と寄付することを思いつき。
まずフードバンクに電話したら誰も出ない。次に知っているボランティア団体の代表さんに電話するも出ず。でもオンラインになっていたのでメッセージを送ってみたら即返事あり。
行き先決定〜。

少し落ち着いて、2つの大きな箱に嵩張るものを放り込みました。これでようやく元々冷凍庫に入っていたものを戻すスペースができた…

箱を届け、役に立てる、という気持ちと(昨今はコロナ禍の影響で、スーパーに立って食品寄付を募るのが大変という話も聞いていたし、意外な形で少しお手伝いできました。

結局送料の8ユーロを抑えたぶん寄付したような形になりましたが、食品ロス対策プラス誰かに喜んでもらえるかもということで、最終的には満足な結果となりました。

しばらくパンの買い置きはいりません。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村




2020年12月10日 06:07

今日は早く始めて早く終わらそうと張り切って始めたものの、いつもより30分早いだけで午前中の仕事時間が長く、疲れる…

そして仕事終わりにしたかった5分前、会議に飛び入りで呼ばれ(自宅勤務だからこそあるある?)、それが終わるかどうかという頃に同僚から電話。
会社のチャットをオフにしてたらわざわざ個人の電話にかけてくるし。

他の人の役に立ちたいという気持ちがあってのサポート業務なので、いいんだけど、また定時に終わらん。

残業代はきっちり請求させてもらっていますが、毎日定時で仕事を止められる人が羨ましいです。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村




2020年12月07日 02:47

会社の福利厚生というか、遠回しに言えば、自己研鑽を忘れるな、という要請でもあるんですが、オンラインで色々学べるサイトを自由に使えるアクセス権をもらっています。

就業時間中に取り組む時間はなかなかないものの、いつでもどこでも、暇つぶしにもなるよってわけで、長いこと何もせずに放置していましたが、仕事の能率アップという以外に心の健康のためのメニューもあるので、マンガばっかり読んでるんでなく、気軽に始めてみることにしました。

楽天主義になろう

というのと

幸せに生きる

というのが取っ掛かりやすそうなのと、ストレスの多い私には良さそう、というわけで、雑誌を読むような感じで取り組んでいます。

結構書いてあることは読んでてそりゃそうだ、というようなことなのですが改めてきちんと考えてみるのはいいのかもしれません。

幸せに生きるコツは、毎日のエクササイズ、健康な食事を心がける、だなんて、ダイエットの基本みたいなことが第一歩でした。ちょうど半月ほど前から心の持ちようを変えるダイエットアプリのお試しもしていたので、シンクロしていい感じです。

確かに特に9月終わり以降から体を動かすことが減っていたし、ストレスがひどいときは身体を動かすのなんって一番の後回しだったからなぁ。

今のところ、3ヶ月前よりずいぶん元気です。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村




最新コメント
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ