カテゴリ:
Tと向き合って小一時間ほど話しました。

これが、もう今後もめないという約束にはなりきらないものの、お互いに考えていることは同じ、ということがわかったのでほんの少し前までのいがみ合い、は避けていこう、という気持ちは強くしました。

本当に心底腹の立つこと、失望すること、の繰り返しで、何度煮立ったお湯を頭から浴びせられるような気分になたろうかとも思うのですが、この機に少しずつ前向きになっていければいいと心から願います。

裁判があって、その後も引きずって本当にいやなこと続きでした。
だから、そう簡単にこれで解決、とはもちろん思うことはできません。

去年の夏にも歩み寄りがあったようななかったような、でも結局再び争いになったし、冷静になって今後の様子を見ていくようにしたいと思います。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村

カテゴリ:
夏日が来る前にサンダルをちゃんと用意しておく、ってことがなかなかできない私ですが、この週末は夏日全開らしいってんで、朝からサンダル買いに出かけました。
祝日だってのはもちろんわかっていたので、ちゃんと店の情報を調べてから行ったつもりですが、ちゃんと祝日ってのが反映されていない情報だったらしく、街中は開いている店が数軒のみ。

幸い、12時から開く店がほとんどの中、私たちはあと15分も待てばよかっただけなので、ちょっと時間つぶししておりました。

しかーし、残念ながら、私が子どもたちの靴を買いに行く靴屋は本日閉店。3軒回って(うち2軒は同じ店の別店舗)全滅。
それでも、ビーチサンダルが欲しいという息子たちのために、安いのをたまたま見かけたので購入していて、全くサンダルが手に入らないという自体は逃れました。だって、広場で水遊びして、靴を水浸しにしてしまったんで、本当に靴がなくなってたんです。何も買ってなかったら、いくら天気がよくても悲惨だったな。

思いがけず閉店売り尽くしで私のバッグとワンピースを買うという展開がありましたが、めったに買い物しない私にはいいでしょ、ボーナスも出たことだし、ってんで、ほくほく。

午後は一度通りすがりに見かけた大きな公園に寄って、子どもたちはそこで数時間思いっきり遊んできました。暇つぶしグッズのなかった私は、うたた寝したりしてました。

サンダルは結局買いに行く時間がないので、安いサンダルでなんとか2日頑張ってもらうことにし、オンラインで注文しました。子どもの靴を試し履きなしで買うのは初めてなのでちょっとドキドキしてますが、ちゃんと合いますように。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村


カテゴリ:
薬局に、子ども用の日焼け止めを買いに行きました。

次男坊は敏感肌でもないのですが、日焼け止めだけはどれでもいいというわけではなくて、赤ちゃんのころから、自宅で使っていたメーカー以外のを塗ってもらうたびに顔が赤く腫れていたので、慎重です。

去年まではまだ残っていた、前年に買ったそのメーカーの物で(去年は既に店頭から消えていた)なんとかなったのですが、別の敏感肌用のを買ってみたがやはりかゆくなってしまい。
日焼け止めはピンきりなので、よさげだと思って高いのに手を出して反応が出てしまうのもなぁ、とできるだけお値段低めで、と探していました。

薬局の自社ブランドの赤ちゃん用のがちょうど売り出しになっていたので、試してみることにしました。
1つ買うともう1つ無料!という売り出しが出てはいるものの、まだ肌に合うかどうかわからない段階で2つ買うのはためらわれ、その売り出しは、自社ブランド25%引きというので買ってみようと思ったわけです。(あくまで正規の値段で買わない人)

レジで支払いをしようとしたら、値引きにならないので聞いてみたら、「これ、2週間前の売り出しじゃないかしら」と。昨日の広告に入ってたんだけど?とよく見てもらうとお姉さん、見つけました。でも、なぜレジで自動的に割引が計算されないのか?

別のシニア店員さん
「広告には間違いがあることもあるって、ここに書いてあるでしょ?発行してから間違った割引設定だって店側も気付いたんだけど、再発行できなくてね」
ですって。

この開き直り!

「客はそんなの知りようもないじゃない?」
「でも、ここにちゃんと断ってありますから、印刷ミスの責任は店側は取りません」って。

確かに、苦情を事前に回避するためなのかなんなのか、一応断りが書いてありますけど、でもねぇ。すごく納得の行かない説明でした。

25%引きじゃなくて、1つ買ったら1つ無料、なんでした。50%引きだから、客は得でしょ?とでも思っているのかもしれませんが、お試しで買いたい場合には2つは要らないわけです。でもこれは大丈夫でありますように、と願って2つ買ってきました。次男のほっぺたの端っこに塗って様子見です。大丈夫なら、1つはTのところへ持たせます。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村

カテゴリ:
ふっと目に入ってきた、香道講演会のお知らせ。
元々特別に興味があったというわけでもないのに、見た瞬間に、これは行かねば!と思って予定を確認したら、子どもたちはいない日だったので、友人を誘って行くことにしました。

会場は、もうオランダ生活10年を越えたのに、外しか通ったことのないHet Concertgebouw。
一度くらい行っとかないとね。

講演はとても興味深く、日本の伝統文化の奥深さを(少し聞きかじった程度ですが)、学べました。

日本に住んでたときには文化とかあんまり重要視してこなかったことを、外に出てから痛感することが時々ありますが、でもまたこうして少しでも触れる機会に恵まれて、それはよかった!

天気がよかったので友人と駅への往復ぷらぷら歩きながら、有意義な日曜日となりました。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村

カテゴリ:
書くことがない、というよりは、書きたいという気が最近あまりなくなってしまったようで、頻度が落ちてます。
もともと愚痴こぼしブログなんですが、何も書かないでいると逆に大丈夫かと心配されてしまうかもしれませんが、変化があまりなく毎日過ごしています。いいことです。

子どもたちは落ち着いており、長男の耳の腫れも少しずつ引いてきています。
火曜日に検診があって、その時に皮膚の回復を早めて、溶けるタイプの縫合糸が溶けやすくなるという塗り薬をもらい、毎日塗っています。最初は触るのも恐る恐るだったものが、普通に触れるようになりました。
毎日じーっと観察しています。
縫合部で痛いところも多少あるようなので、やっぱりまだ手術から日が経っていないんだよな、ということも実感しますが、だんだん形が変化し、肌の色が普通の色に近づいていくのを見るのは、うれしいものです。

週末は楽しい予定を入れて、私も子どもたちも楽しく過ごせるようにしたいと思ってます。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村

カテゴリ:
いろいろありまして、ごたごたしていたりしましたが、思ったより平穏に過ごしています。

母の日は次男が学校で作った写真とメッセージのカードをくれましたが、長男は「えー、ぼく何もないから何あげたらいいかわからない」とのことで、こっちから催促してもしょうがないので、何度か同じ質問(「何かくれるのかなぁ?」)を投げかけながらもその質問自体に意味がないので、最後には気持ちが大事!と言って、おしまい。

朝からけんかして落ち着かない息子たちに「今日に限ってもっと楽しく過ごさせてよ!」と言いながら、約束どおり映画館に出かけ、めったに食べないファストフードを食べ、楽しくは過ごせました。

まあ、母の日だからって特別なことはないんですけどね。
こっちから「感謝してよ~!」というのは間違ってますよね・・・

両親が揃っていない家庭でも、子どもの父親がちゃんと子どもたちと一緒に母の日を準備してくれた家庭もあったようで、私がしてもらえなかったことをどうこう言うつもりはないけれど、気持ちを切り替えて、こちらも父の日やTの誕生日に何か子どもたちと準備するようにするかなぁ、と思ったりしています。
ごたごたの中で、親としての互いをもっと尊重しないといけない、という思いを新たにしたこともあるので。
まだそのごたごたがどういう方向へ行くのか未知数ですが、とりあえずあんまり考えすぎずに・・・

オランダのいわゆる定番的なことを私がやってやることができないでいたりしますが、例えばこういうイベントだとか、オランダ人が好きな食べ物だとか、私がある程度努力しないといけない部分もあります。

例えば全く話がずれますが、今が旬のホワイトアスパラ。
私個人的には特に興味がない食材(何度か調理しているけど、特に感銘を受けたことなし)なのですが、子どもたちが大きくなって、一度も家で出されたことないなぁ、というのもどうかと思い、買って調理して出してみました。子どもたちの反応はいまいち・・・結局ハムと卵を喜んで食べておしまい、でしたが、一応旬のうちに一度食卓に上ったってことで、よしとするか。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村



カテゴリ:
最初に、この記事「揚げ物に油をかけるとすっげーウマい」を読んでからではあったのですが、すっぱいポテトチップスが好きで、でも売っている種類が限られているんで、うちで自分で中国の黒酢をかけてみようと思ったら間違ってごま油をかけちゃったんです。

酢をかけるのはそれまでにもやったことはありましたが、ごま油はかけた瞬間、しまった!と思ったものの、食べてみたら、衝撃の美味しさ!

既に揚げられているものに油!記事を読んだときはホントかなぁと思いましたが、ホントに美味しい。
おすすめするというと私にも罪悪感がありますが、一度やってみても損はないかも・・・です。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村



カテゴリ:
手術から10日。いよいよ耳のカバーが取れるときが来ました。
もちろん手術はうまく行ったわけだし、楽しみでもあるのですが、かなりドキドキしていました。

残念ながら執刀医の先生が今週はお休みを取っているらしくお会いできなかったのですが、長男の左耳が普通の耳になりました。

まだまだ腫れもあり、いかにもまだ手術したばかり、という生々しい感じがして、触れることができなかったのですが(触れてももちろん問題なし)、徐々に回復して行くでしょう。楽しみです。

仕事中に時間を取って行ってきたのですが、親しい同僚が車を貸してくれたおかげでスムーズに行きました。
Tのところにいる日だったので、迎えに行き、また連れて帰りました。戻ったとき、Tは手が離せないようだったので後で連絡をしたのですが、やはり大事な長男のこと、思いがけずスムーズに会話できました。
次回の通院も私が行くつもりで予約を取ってはいたのですが、時間帯がよければ行ってもいい、とさえ言ってくれたので、その次の予約は私が行かなくても済むようにできるかもしれません。

長男の回復は純粋にうれしいわけですが、私とTも親として普通に子どものために最善を尽くして対応していければ、と思います。向こうもそう思っててくれればね。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村

カテゴリ:
土曜日は自転車で友人宅まで。
その市にはまだ自転車で行ったことがありませんでしたが、調べてみたら1時間くらい。よっしゃ、自転車で行ってみよう、天気も良くなって暖かくなるという予報だし!
行きに道に軽く迷い、ふらふらしてしまいましたが、それでも高級住宅街を抜けて、自分が住むことはないだろうけど、すごいなぁと思いながら、予定より時間かけて、楽しく行ってまいりました。
友人宅から更に自転車に乗ってひとっ走り。活動的で楽しい一日でした。

日曜日はその反動もあってか家にこもって着替えもせずぼんやり。
こどもの日の飾りの片付けと洗濯、ずっと懸案事項だった浴室のカビ取りに取り組んだくらいであとはぼけっと過ごしてました。週末の度にこんなぼけっとしてたらいけませんが、先週の水曜日から自宅療養の長男につきあって5連休だった私、来週からもっとまともに活動的に、戻れるかしら…

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村


11歳になりました

カテゴリ:
長男が11歳になりました。
あっという間です。
生まれた日は30度近くあって暑かったのを覚えています。それが、今年は寒くてまだ冬の上着を着て出かけるほどです。
相変わらず入院後の回復期ということもあり、家で静かに過ごしていました。
思いがけず近所の友達が小さなプレゼントを持ってきてくれたりして、長男も喜んでいました。

着替えもせず(私は着替えましたが)のんびり家でだらだら過ごす誕生日も悪くないじゃない?
DSC02459 (600x800)
写真撮らせてよ、と言ったら鯉のぼりの前に立ちたいと。だんだん元気になってきています。
こちらは懐かしい初節句の写真(の写真)。
1e celemony 1
大きく頼もしくなってくれて、母はうれしい限りです。

夜子どもたちを送った後、友達のところへ行ってひとしきり最近の状況など聞いてもらってきました。写真のことは今は触れないほうが賢明、Tに何か言う時は慎重に、何を利用されるかわからない、ということを自分でも再確認して、元気づけてもらって帰ってきました。たまにしか会わないけれど、気が付けばそれなりに長い付き合いにもなってきている、辛いときに肩を貸してもらえる友人、近くに住んでるんだからもっと連絡取ろうよ、ってまた思ったのでした。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村


カテゴリ:
先日のことは本当に悔しく、簡単に消化できるようなことでもないのですが、ある人が言った
「現状で何もまだ所持していないのだから、まだ何も失っていない」
という言葉が腑に落ち、とりあえずは何も聞かなかったと思って、そのままやり過ごすことにしました。

許せるようなことではない一方、私がここで下手に動いて、子どもたちにとっても貴重であるはずの過去を失うのは、するべきことではありません。

私が悲しく思うことを利用するのはまだしも、子どもたちのことも最終的には傷つけているんだということを理解できない人間を相手にするのは、悲しすぎます。だからと言って、法的手段に出たとしても、こちらの心労が増すだけでなく、逆に相手の思うつぼでしょう。

本当に、残念な人です。

当面は、何もなかったように過ごすことにします。
いとおしい子どもたちは、今私のそばにいるじゃないか。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村

カテゴリ:
結局、病院に行くのが面倒くさいのかなんなのか、私が病院に同行するから、来なくていいと言ったら、そのほうがいい、という反応でした。
親としての責任を果たしてくれているのはありがたいと思う一方で、子どものことにどれだけ興味があるのか疑問にも思った瞬間でした。

その後更に許しがたいことがありました。
あまりにひどいので、書いてしまいます。

元の家を出るとき、子どもたち、特に大量の長男の写真を持たずに出ざるを得ませんでした。バックアップとして利用していた個人サーバーが壊れ、取り出せないと言われたからです。
いずれ、取り出してもらうようにお願いしようと思っていて、それを一昨日言ったわけです。

それが、昨日こう返答してきました。

「写真は14年経ったら渡してやる。そうしたら次男が21歳で、自分の経済的な責任がもうなくなる。お前がまた弁護士を使って裁判に持ち込もうとしたりしたら、その度に1GBずつ捨ててやる。」

明らかな脅しです。
私がどれだけ写真をほしいと思っているのかという感情を利用されました。

写真を捨てるって、あんたは写真いらないのか、と聞くと、「どうせもう見ないし、自分にはなんでもない」と。
じゃあ子どもたちは自分の赤ちゃん時代の写真を見ることができないのか、と聞くとそれには答えず。

子どもたちのことをちゃんと考えてやってくれ、というも、それにも答えず、
「お前がまた何か要求してきたら、お前の生活を困窮させてやる」
と過去にも聞いた脅し文句を言ってきました。

悲しいのと、情けないのと、うっかり写真のことなんか口にしてしまったことへの後悔と。

本当に悲しくてやりきれない・・・
自分がやっていることは一つも悪くない、と思うような人間です。相手にしようと思うほうが間違っているのもわかっていますが、やり方の腐りっぷりに、振り回され続けています。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村


カテゴリ:
だから一緒にいられないんでしょ、もう、と言えばそうなんですが、別れてから更にお互い嫌な相手だと思うようになってしまったこともあり、子どもたちのことに関しては、それぞれ最善を尽くすように、というのは暗黙の了解ではありますが、どうにも理解できない会話が朝あって、頭が痛いというか、がっかりしています。

深く考えないでおけば、まあがっかりというか、「そういう相手なんだから仕方がない」「そりゃあ顔を合わせるのは最小限にしたい」「考えてることが同じわけがない」と、流せるんですがね。

長男がTのところにいる間、きちんと術後はしてくれているようで、それはありがたいと思わないといけません。両親が本当に険悪だったり、養育能力に?がつくような父親の話を聞くので、それに比べたら、いがみ合っているとはいえ、それぞれが親としての役割をそれなりにきちんと果たしていることは、「わりとうまく行っているほう」のようです。

朝の会話は、術後最初の検診の日がTのところにいる日なので、病院に連れて行ってほしい、私は職場から駆けつけるから、ということに対して「なんで来る必要があるんだ」と言われてがっかりしたんですが、来る必要も何も、何で行ったらいけないの?
ああそう、って流せばいいじゃないの?
耳のカバーが外されて、手術の結果が目に見える瞬間を、共有しちゃいけないんですか?親として一緒にいたいと思うのは普通じゃないのか?

手術の前も向こうはほとんど何も質問もしてこなかったし、今はきちんと様子を見てくれているとはいえ、どこまで関心を持っていてくれるのやら、よくわかりません。でもつっこまないし、というか、余計な干渉はする必要がありません。ただね、長男を傷つけないでやってね。長男は私が同行したほうが、きっと安心すると思うんですがね。

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村

カテゴリ:
今日はとにかくのんびりする日。手術前までかなり気持ちが張っていたのと、退院してすぐに友人の結婚式に移動したのとで忙しく気持ちもバタバタしておりました。

朝ゆっくり寝て、レンタカーを返した後、Tのところへ長男に会いに行ってきました。
親として一緒に長男といられないのは残念ですが、一緒にいなくていいというのは逆にいいのかもしれない。
母親として、まだ傷の痛々しい長男のそばにいてやれないのは不甲斐ない気持ちでいっぱいですが、逆に言えば、Tがきちんと長男の術後の経過をみるということが暗黙の了解であったこと、父親としての責任はきちんと果たしてくれているということに関しては感謝すべきなのだと思います。

長男には明日の仕事の後再び会いに行くことにしています。

なんか気を紛らわせることがしたいような、何にもしたくないような、明日からもう5月か…

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村

カテゴリ:
4~5時間かかると思い込んでいた手術は7時間ほどで終了。待っている時間の長かったこと!

勘違いだったのかと思い直して情報源を探ると、12時間かかることもあると書いてあるではないか!

幸いそこまではかかりませんでした。

頭に今包帯を巻いている状態ですが、退院するときには左耳のカバーだけになるそう。再来週の初めまでこのカバーは装着したまま、学校もお休みです。

無事長男の手術が終わるのとほぼ同時に、私の奥歯のクラウンがボロボロと崩れ始めた・・・こっちは以前に嫌な目にあった歯科医によるものではないけど、こっちも3年経ったんか?ってくらいだと思います。どうなってんだ?!

読んでくださってありがとうございます。
ついでにをクリックしていただけるとすごくうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村

このページのトップヘ

見出し画像
×